Home / ソーシャルメディア / 楽天優勝セールから考える、テレビとネットの融合

楽天優勝セールから考える、テレビとネットの融合


楽天SALE
あらためまして、楽天イーグルス日本一おめでとうございます!日本中が、「まーくん頑張れ!」に染まった、週末でした。

楽天優勝セールでは、サーバーが落ちまくってましたね。ある程度予想していたとは思うのですが、それすら量がする、アクセス数があったのでしょう。サーバーエンジニアの皆様お疲れ様です。経営的には、機会損失ですが、それだけ、凄いソーシャルパワーだったのですね。

田中投手は、本当に、力がある人で、見ているこちらも引き込まれます。思えば、野球は、人々を惹きつける力があり、お茶の間の主役でした。

しかし、スマートフォンの発達などで、テレビ離れがはじまり(それだけではないと思いますが)今では、ほとんど野球放送はない時代ですね。

そんな中、今回の、プロ野球日本シリーズは、これからのテレビのネットの融合の時代の幕開けを考えられるヒントがありましたので、まとめてみたいと思います。

優勝あとのSALEで、サーバーダウン


楽天メンテナンス

楽天は、あらかじめ、優勝決定あと30分以内に、優勝セール開始を告知していましたが、優勝決定のあと、つながらない状態が続き、いよいよメンテナンス状態に。。。


楽天イーグルス
楽天イーグルスも最初つながらず、メンテナンス状態に。。。


ビールかけ
ツィッターとFacebookと連動した、ビールかけもダウンした状態(後に、しっかりと500円クーポンいただき、楽天で購入しましたw)


優勝(テレビ)⇒サーバーダウン(ネット)


しっかりユーザーは、動いていますよね?

半沢直樹の時に、ネットで話題になり、テレビの視聴率があがったように、ユーザーは、良い情報(コンテンツ)があれば、しっかりと動くのです。

もしかしたら、これは、スマートフォンの普及によるものかもしれませんが、テレビとネットは、きちんと融合するのです。てか、すでにしている。

これから、Googleがテレビ番組を放送していくように、もうテレビ局とか、あんまり関係ないですよね?Apple TVとかもあるし。
グーグルが国内外テレビ番組の有料配信を開始、民放は日テレやTBSなど4局が供給


ビジネスにどう活かすか?


少し、支離滅裂になりましたが、結論としては、

良い情報(コンテンツ)を発信していれば、ユーザーは、動く!


ということです。

もちろん、良いコンテンツは、一朝一夕ではできません、長い年月をかけて、苦労を越えて、研ぎ澄まし、初めて成り立つのです。

そのために、何をどうすればよいのか?

毎日コツコツとブログを書きましょう。情報発信をしましょう。

正直、これができないくらい、情熱がないのならば、その事業は、上手く行きませんよ。

逆に、これが、できる人が、ネット業界で突き抜ける人になるのです。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)