Home / メールマガジン / 「果汁グミ」のプロモーションに学ぶ、新たなTwitter活用法!

「果汁グミ」のプロモーションに学ぶ、新たなTwitter活用法!


meijiが、お菓子「果汁グミ」のプロモーションで、
ソーシャルメディアを新たな方法で活用しておりました。





このプロモーションから学ぶ、
販促を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

 1)キャラクターとストリーを徹底的に作り上げる
 2)ソーシャルメディア参加を前提としたプレゼント
 3)新たなTwitter活用でユーザー参加と情報拡散を促進

それでは、それら3つについてご説明します。


■ キャラクターとストリーを徹底的に作り上げる

meijiは、このプロモーションを行う中で、ある「ドラマ」を特設サイトの中に作り上げています。

太陽の恵みをたっぷり浴びて育った、女の子(メグミ)と幼なじみの男の子(タイヨウ)が、すれ違いを乗り越えて最後に結ばれるという恋愛ドラマです。

そのドラマをクオリティの高いアニメーション(全5話)にし、特設WEBサイト上で公開しています。

<Story -プロローグ- >
となり同士のぶどう園で生まれ育ち、幼い頃から双子のように仲良しだったメグミとタイヨウ。
しかし、高校を卒業したある日。突然メグミが「東京へ行く」と言い残し、タイヨウの前からいなくなってしまった。出発の日さえも告げないままに…。
「いつか結婚して一緒にぶどう園で働けたら…」。
密かに抱いていたタイヨウの想いは、遠い夢となってしまった。
あれから2ヶ月。東京で憧れの雑貨屋で働き始めたメグミと、実家のぶどう園で働くタイヨウ。遠く離れた空の下で、すれ違う二人の想い…。10代最後の恋が今、徐々に動き始める。


■ ソーシャルメディア参加を前提としたプレゼント

このプロモーションの中でmeijiは、プレゼント施策も同時に行っています。

このプレゼント応募キャンペーンにおいて、ユーザーは、まず3つのTwitterアカウントをフォローし、
更に、特定のハッシュタグ(#gummi_present3)を付与してツイートする必要があります。

この手法は、Twitterを活用したプロモーションにおいてかなり初期の段階から、多くの企業で活用されている手法で、プレゼント施策を単なる集客ツールではなく、拡散ツールに昇華させるための重要な手法の1つですが、今回のプロモーションで、最も興味深いポイントは、この他にあります。
それを次でお話します。


■ 新たなTwitter活用でユーザー参加と情報拡散を促進

このプロモーションにおいて、Twitterが新しい方法で活用されています。

ドラマ(アニメーション)が進む中で、主人公のメグミとタイヨウの2人もストーリーに合わせて、
Twitterでつぶやき(ツイート)を行います。

それにより、ユーザーがこのドラマの世界観に入り込み、彼らに対して応援の声や意見をTwitter上でつぶやき、それがWEBサイト上に自動で表示される仕組みをプロモーション特設サイトの中に取り入れました。

技術的には、従来から使われてきたものですが、プロモーションの中で、ドラマを作り上げ、その架空のストーリーの中の主人公とユーザーが、Twitterの中でコミュニケーションを取るという非常に興味深い取り組みです。

この施策によって、多くのユーザーがTwitter上で、このプロモーションに関するツイートを行い、情報の拡散に貢献しました。


このように、今回ご紹介したプロモーションは、キャラクターとストリーを徹底的に作り上げ、独自の世界観の中にユーザーを巻き込み、従来からあるプレゼント施策を行うと同時に、Twitter活用でユーザー参加と情報拡散を更に促進したことによって、販促に繋がったと言えます。


A8.netが技術スタッフを募集中

One comment

  1. 衝撃事実拡散

    【創価学会の魔の正体は、米国が仕掛けてるAI(人工知能)】

    創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国の極悪クソ諜報、腐れスパイ)

    創価の活動家は、頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に米国のAlが軍事技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がAlを使って、HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです

    かゆみ、痛み、病気、自殺、殺人、事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを、米国がAIを使って秘密裏に作り出してます

    AIを用したレジ不要のコンビニ。このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等をAIが細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが不要です

    このシステムからわかる事は、AIは多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    このAIの技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を、24時間365日監視盗聴して、創価信者や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずにヤります

    青森県三沢基地には、NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

    この犯罪は、GPSを使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクト。地球上の全ての人を管理してるAlを使って諜報活動するNSA(スパイ、政府機関)も国防総省の管轄です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、AIが被害者の周りの人に波動(周波数)を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、AIが軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

    ASKA氏が、集団ストーカー本を発売する1日前に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらも全てAIが工作してやったもんです

    https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)