Home / メールマガジン / リピート率アップの方法

リピート率アップの方法


ユーザーの心をしっかりつかみリピート率をアップさせる方法です来店=サイトに訪問されたユーザーをいかに下層ページに引き込むか必要とする情報が提供できているかがポイントです。





■お客様のニーズを確認する

1、お客様は御社の何に興味をもってサイトを訪れているのでしょうか。
2、御社がユーザーに伝えたい強みはどのようなサービスや製品なのでしょうか。
それらをしっかりとお伝えできるページ、情報が掲載されていますか?

サイトを訪れて、ページをみて、ユーザーが

『何が書いてあるのかわからない』
『漠然としていてどんなことができるのかわからない』

こんな感想ですと、問題です。


☆☆☆ポイント☆☆☆

これだけは、覚えておいて欲しい強みを絞る
その際に大切なのは、キャッチコピーと画像のシンプルさとインパクトです。
キャッチコピーは、小学生に伝えてもわかるようにすること画像は、一目で何を表わしているかわかるかを基準に考えてください。


■情報の鮮度

WEBサイトに掲載されている内容は、いつ更新されましたか?
サイトを公開、あるいはリニューアルしたのはよいが、その後、数か月、あるいは数年放置している方はいらっしゃらないでしょうか。

もし、更新をおろそかにしていたら、即改善です。
お客様は常に新鮮な情報、最近はどのようなことをしているのか?ということにもアンテナをはっています。

御社内で新しく出た製品、技術、サービスなどは全面的にお伝えする場をWEBサイトにしてください。

また最近の導入事例やお客様からのお問い合わせやご相談のケースなどをご案内するのでも、同じような
お悩みをお持ちのクライアント様にはとても有益な情報となります。

☆☆☆ポイント☆☆☆

またサイトに情報を見に行ってみようと思わせるしかけそのためには、ファーストビューでNEWのアイコンがあるニュース記事は有効また「毎日更新!」などのコピーも効果的です。


■実践: 上記の2点があるか自分のサイトをCHECK

更新頻度をあげるのは簡単です!

更新する内容は、最新の情報、御社が今どのようなサービスに力をいれているのか、得意なのかといったことが日々の業務の中からお伝えできれば、WEBサイトの更新をそんなに面倒と思うことも恐れることもありません。

そして、それらは、お客様にとっては十分有益な情報であり、御社にとってはとても有効なPR手段となるのです。

0.1%の改善は、10個やれば1%、100個やれば10%改善できます。仮にPVが10%上がれば、利益も当然あがってくるはずです。

前回もお伝えしましたが、自分が探す立場にたって見直してみるのが一番の近道です。
何かを探している時、サービスを受けたいときその内容についてしっかりと最新の情報を伝えてくれるサイトはよいサイトと感じますよね。

そのサイトは旬の情報や実例が紹介されてはいませんか?

よりわかりやすく、イメージしやすく情報をお伝えできるとWEBサイトは優秀な営業マンとして働き始めると思います。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)