Home / メールマガジン / 集客に効果ありフラッシュマーケティングのコツ

集客に効果ありフラッシュマーケティングのコツ


今回は、話題性のある「フラッシュマーケティング」を取り上げ、その仕組みと売上UPに繋がるプロモーションについてお話します。






■ フラッシュマーケティングとは?

最近、フラッシュマーケティングという言葉を耳にする機会が急速に増えてきました。

その言葉に馴染みが無くてもグルーポンやPikuやポンパレといえば、TVCMやサイトのニュースで目にした事があるのではないでしょうか。

いわゆる期間限定の割引特典などがついたクーポンをネット上で販売する手法のことです。

販売期間が、だいたい1日~3日間と短時間なためフラッシュと呼ばれています。


■ 成功するには何が必要?

集客と販売及び見込み客の情報収集に役立つというものですが、その情報をいかに短時間のうちに多くの人に伝えられるかということを同時に仕掛けていかないと効果的ではありません。

このため、口コミ的なTwitterやブログなどとの連携で広めていくことが必須となります。

こうした手間を惜しむと、せっかくのプロモーションもあまり成果に繋がらないまま終わってしまうことになります。


■ 何も気にせず、実行するだけで効果は絶対?

かなりお得なサービス・商品を提供する代わりに成約条件(最低販売数)などを設定して、購入者の合計がその数に達した場合に、割引価格での購入・利用が可能になるというのが、フラッシュマーケティングのもう1つの特徴です。

この条件の設定により、サービスを提供する側にもしっかりとメリットがあるように考えられています。
定数に達しない場合は取引不成立となる可能性もあります。

不成立を避けるため、条件を変更して対応した例もあるようですが、条件クリアだけでなく、販売側の準備体制もしっかりしていないとトラブルの元になります。

特に内容が違っていたりすると、バズで集まってきている人が多いだけにブログやTwitter上で書き込まれ、炎上といったことも引き起こしかねない部分がある事も承知の上で、実行した方が良いでしょう。

実施するからにはしっかりと体制を整えて実行し、何よりもお客様に喜んでいただき、次につなげるという目的を忘れてはいけないでしょう。


■ 効果的な施策で集客を成功させるために

2010年の6月ごろにはまだ数社だったサービスもこの10月には100を超える数のサービスが登場しており、
情報をまとめるサイトなども登場し、今後はネット上の集客手段の中核となると思われます。

フラッシュマーケティング手法を利用しない手はないと思いますが、この手法は、ネット上でのプロモーションであり、Twitterなどの即時性のある媒体で広がっていきますますので、実施する際の運営、対応については十分シミュレーションをしておくことが大切です。

フラッシュマーケティングを利用したプロモーションを考えておられる方は、一度、自身で利用してみて
どんな事をユーザーが求めているのかについてリサーチしておくことをお勧めします。


「成功するWEBサイトを目指す販促担当様へ」

ユーザーを巻き込み、信頼と満足を獲得するコンテンツやそれを容易に更新していくためのCMS構築など、
どんなことでもお気軽にご相談下さい。

私たちは、貴社の売上アップに必ず貢献します。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)