Home / 動画セミナー / Facebook販促プロモーションを行う際の注意点とは?

Facebook販促プロモーションを行う際の注意点とは?







Facebookで「やっていいこと」と「やってはいけないこと」


利用する企業が増えているFacebookですが、
Facebookを使ってキャンペーンを行う際、
「やっていいこと」と「やってはいけないこと」が存在します。


これを事前に知らずに、キャンペーンを行ってしまうと、
キャンペーン自体を中止される可能性もあるので、
きちんと確認した上で、実施しましょう。


まず必ず、プロモーションガイドラインを確認しましょう。
http://www.facebook.com/promotions_guidelines.php


さて、これを読んでもいまいちピンと来ない方に、
少し解説させて頂きます。


◆「私たちは、そのキャンペーンと関係ありません!」と言いたいFacebook


端的に言うと、このようなガイドラインを設けている、
大きな理由の1つは、Facebook自体が、
その中で行われるキャンペーンに対して、
一切の法的責任を負いたくないということです。


「参加者の募集、抽選の実行、参加者の判定、
 当選者・受賞者の通知など、
 プロモーションのあらゆる要素の運営について、
 Facebookの機能を使って行うことを禁じています。」


その結果、次のようなルールが生まれます。


 □ Facebookへの登録(アカウント取得)を強制したり、
   指示したりしてはならない。
 □ Facebookページのウォールへの投稿、写真のアップロード、
   近況アップデートの投稿など、Facebookの機能を使用して、
   応募者にコンテンツ提供を強制したり、
   指示したりしてはならない。
 □ メッセージ、チャット、プロフィールまたは
   Facebookページへの投稿など、Facebookの機能を使用して、
   応募者に当選通知をしてはならない。


ちなみに、これでもルールは、以前より緩和された状態です。
以前のルールでは、事前にFacebookから書面での承認が必要で、
月に1万ドル以上の広告出稿を行わなければいけませんでした。


ただその後、2010年11月29日にルールが変更され、
次のような規定になっています。


 □ プロモーションを運営するのに
   Facebookからの書面承認は不要
 □ 広告出稿費の最低月額料金制限を撤廃


◆プロモーションでユーザー情報を取得するにはアプリが必須


上記のような状況の中で、Facebookと連動して展開される
「コンテスト」や「懸賞」などの流れは、
おおよそ以下のようになります。


 1 Facebookページに対して「いいね!」をクリック、
   または、スポットにチェックインを
   「事前作業(応募条件)」として応募前に行ってもらう。
   ※近況アップデートや写真に対して
    「いいね!」をクリックする、
    ウォールにコメントする作業を
    「応募条件」にはできない。


 2 サードパーティアプリケーションを使って、
  ユーザーに応募を行ってもらう。
   ※サードパーティアプリケーションを活用した
    写真・情報投稿を応募条件として
    ユーザーに要求することは可能。


 3 メールや郵送などで、当選をユーザーに対して通知する。


まとめると、Facebookの立場としては、


 「プロモーション情報の掲載や
  ユーザー間の自由な情報交換など、
  ソーシャルメディアとしての『場』の提供は行うが、
  それを実現するための『機能』に関しては、
  一切提供せず、プロモーション自体には、
  一切関わりを持たない。」


ということです。


Facebookを活用したプロモーションや販促施策を行う際は、
以上の注意点をしっかりと確認し、実施するようにしてください。



■こんな方にオススメ

・Facebookページの制作を検討されているお客様
・ターゲットを巻き込む新たなプロモーションを検討中のお客様
・WEBを活用して日本中から受注を増やしたいお客様


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)