Home / ライフハック / 成功する起業家が、心がけている1つの事

成功する起業家が、心がけている1つの事


All Rights Reserved
All Rights Reserved / TechCocktail


世は、まさに起業ブーム。

XX歳の会社が、●億円調達したなど、話題のニュースが多いです。私自身も、ニュースによく登場する起業家で、知人友人が多いのですが、彼らの共通点を探ってみたいと思います。


本気である事


成功する起業家とブームにのっかている起業家の違い。それは、「本気」かどうかです。
*ここでは、成功=スタートアップの会社を作り、投資を獲得しているなどと定義します。

成功している起業家たちは、みんな「本気」で自分の事業に取り組んでいます。
それ以外は、何もやらない!というくらい没頭しているのです。
自社のサービスを愛し、自らが一番の顧客として、サービスを利用しています。


本気のフリは、見抜かれる。



(168/365) Serious / Sarah G…

一方、成功している起業家たちの見よう見まねで、熱量を込めた「フリ」をして語っても、それは、すべて見ぬかれてしまいます。

本気で、自社のサービスを愛し
毎日自分で利用する。
それくらいの熱量があって、はじめて、人に伝播するのです。

ろくにデモも作らず、毎日「新サービスを作りたい」「俺は、こんなことをやりたい」と行っているだけでは、単なる妄想でしかありません。語れば語るほど、オオカミ少年になります。

どれくらい自社のサービスに熱狂できているでしょうか?


起業家の器量=企業の価値



Steve Jobs Speaks At WWDC07 / acaben

多くの類似サービスが出現し、サービスの差別化が難しくなってきています。

ここで大事なのは、コトラーのマーケティング・コンセプト3.0でも語られているように、起業家の器量です。

例えば、初代iPhoneが登場した時に、スティーブ・ジョブズ以外の人が、たんたんと、原稿を読み上げていたらどうだったでしょうか?

今のような熱狂的なサービスは、生まれていたでしょうか?

実際に、iPhone、Facebook、Google、twitterの出現前にも、類似サービスは多数ありました。それでも、上記の企業が、今も活躍している理由は、なんでしょうか?

答えは、一つです。

本気かどうか?

本気の人の熱量は、伝播し、さらに本気の人を生み出します。

人は、感情の生き物です。
正攻法のマーケティング理論だけでは、成功はありえません。

もう一度問いただして下さい。

あなたの事業は、本気で生涯かけて取り組みたい事業ですか?


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)