Home / ライフハック / 「人材育成」とは、相手の立場にたって考える事。

「人材育成」とは、相手の立場にたって考える事。


就職フォーラム就職フォーラム / chiaki0808

人財」という言い回しもあるくらいに、
いつの時代も重要視されている「人材育成」。

最近、多くの経営者の相談から、耳にする言葉でもあります。

今日は、この人材育成について、少し考えてみたいと思います。

先人達も、皆、人材育成の大切さを説いてきた


「松下電器は、人をつくる会社。」松下幸之助


あまりにも有名な言葉ですが、サービスの主軸である、家電をつくる前に、
まずは、人をつくる重要性を説いています。

では、人をつくるとは、どういう事でしょうか?

私は、1人1人の個性を認めた上で、
相手の立場に立って物事を考える事と思います。


論語でも

己の欲せざる所は人に施すなかれ

と言われていますね。

人それぞれ、生まれてきた環境や考え方は、違います。
ですので、自分が「正しい」と思っている事も
相手にとっては、「正しくない」となる可能性もあるのです。

それを認めた上で、物事を考える事ができれば、
「説得」ではなく、「納得」した上で、人は、動いてくれると考えます。

参考

叱責で「やる気失う」部下56% 上司89%「育成」 生産性本部調査、意識に差



だから、採用活動が大事なのです。


就職フォーラム / chiaki0808

企業には、利益を出すという大義名分と共に、
目指す方向・創りたい社会=ビジョンがあります。

どれだけ、相手の立場にたって物事を考えたとしても
目指す方向性が、違っていたら、残念ながら交わりません。

昨今では、会社概要ページや採用ページに、
ビジョンを打ち出す企業が増えてきたように思えます。

しかし、多くのビジョンは、きれいな言葉で、
まとめられている気がするのは、私だけでしょうか?


経営者が、知恵熱がでるくらい考え抜き
そして、自分の言葉で、情熱を持って語る事が大事だと思います。

経営者と共に創る


「人材育成」から、日本経済の活性化を実現するために
当社は、「人材育成」に力を入れる経営者と
一緒にWeb制作を行っていきたいと考えています。

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。(山本五十六)


今、話題の、半沢直樹というドラマの主人公も実践してますね。

宣伝のようになり、誠に恐縮ですが、
仕事につながらなくても
是非、同じ方向性をもった経営者様とお話ができれば幸いです。

Facebookメッセージ
または、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)