Home / ライフハック / 楽天イーグルが優勝した、3つの要因

楽天イーグルが優勝した、3つの要因


楽天イーグルスのバス見つけた
楽天イーグルスのバス見つけた / torumiwa


楽天イーグルスが、創設9年で優勝しました。
リーグ優勝とはいえ、優勝は、優勝。会社経営で言うと、9年でマザーズ上場を達成したという感じでしょうか。あまりテレビを見ない私としても驚きです。

東日本大震災から、復興中の東北にも良い影響がでると思われます。

楽天イーグルスについては、経営面で、注視し続けてきました。私の個人的な考察で恐縮ですが、楽天イーグルスが創設9年で優勝出来た要因を述べてみたいと思います。

驚きの、大盤振る舞いのSALE実行中です!
先日、5990円で買ったJINS PCが、1990円で売られていて本当に悔しいです!JINS PCは、こちら



要因1:顧客目線で、投資を行った



customer notice / Sean MacEntee

楽天イーグルスが優勝した1つ目の要因は、「顧客目線で投資を行った」事です。楽天イーグルスは、創設して、まず、スタジアムの回収を行いました。これは、会社経営で最も大切な

「顧客視点」

から生まれた発想です。大物外国人選手を呼ぶわけでもなく、まずは、サービスを享受する「お客様」ことの事を第一に考える姿勢がでていますね。結果、楽天イーグルスは、初年度最下位だったものの、経営は、黒字。会社経営で言うと、見事なスタートを切ったわけです。

皆様の会社は、いかがでしょうか?顧客よりも、自社第一になっていませんか?顧客のために、自社のオフィス環境を上げるなどと適当な事をしていませんか?


要因2:人に投資し続けた



DSC03850 / shiori.k

初代監督だった田尾監督は、1年で、解任されました。これには、多くの理由があるでしょうが、ここでは、掘り下げるのを避けます。

そして、2年目の「野村再生工場」とまで呼ばれた、名将;野村克也監督です。

野村監督は、選手1人一人の特性を見抜き、適材適所を行い、選手個人と組織を創り上げました。1年目の田尾監督が立ち上げたチームを見事にまとめあげたと言ってもいいでしょう。

その後は、現場目線から、始動ができるコーチを取り入れて、徹底的に人材育成を行っていきました。

またマスメディアの活用も非常に上手く、これらも、球団の宣伝ではなく、人材育成のために活用できたと思われます。「まーくん神の子」は、名言ですね!


要因3:フロントが経営のプロで、即断即決できた事



Hiroshi Mikitani et l’équipe dirigeante de PriceMinister / priceminister

野球でフロントと呼ばれるのは、いわゆる球団経営を行う人達の事を指します。御存知の通り、楽天イーグルスは、楽天株式会社を母体としており、オーナーは、楽天株式会社の三木谷氏。経営のプロ中のプロです。

驚きだったのは、即断即決をしていったこと。

複数年契約だった田尾氏を、1年で解約し、すぐさま野村克也監督を配置
その野村監督も、クライマックスシリーズに行くまでに成長させたにもかかわらず、契約延長ではなく、予定通り契約を終え、最後に、経験豊富な、星野監督を配置

経営で見ると
田尾氏:立ち上げ
野村氏:育成
星野氏:飛躍

と、監督の特性を活かしている事もわかります。

創設9年という短い期間で、リーグ優勝できた事は、このように即断即決し、即行動に移したフロント陣の能力の高さも1つの要因です。


まとめ:ビジネスに必要な3つの要因


1,顧客視点
2,人材育成
3,即断即決


いかがでしょうか?これを見て、鋭い方は、もうすでに気づいているかもしれません・

「会社経営と一緒じゃん!」

そうです。球団経営も会社経営と同じなんですね。これは、アメリカでは、ほぼ当然のことですが、日本では、まだまだこれからというところでしょうか

個人的には、横浜DeNAベイスターズもベンチャー企業が資本になり、顧客視点の改善が行われてきていると思います。3−5年後には、優勝する事は、間違いないですね。

楽天の経営については、初代社長の島田さんの著書「本質眼」がとても参考になります。是非一度ご覧下さい。

繰り返しますが、大盤振る舞いです。株主に還元する事も、ビジネスでは大切ですね!
驚きの、大盤振る舞いのSALE実行中です!
先日、5990円で買ったJINS PCが、1990円で売られていて本当に悔しいです!JINS PCは、こちら


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)