Home / オンデマンド印刷 / 売れるディレクター・デザイナーになるために知っておいて欲しい印刷物制作の基礎知識 vol.1

売れるディレクター・デザイナーになるために知っておいて欲しい印刷物制作の基礎知識 vol.1


売れるディレクター・デザイナーになるために知っておいて欲しい印刷物制作の基礎知識 vol.1

最悪の刷り直しを避けるための方法?
色校正を行うべき3つの理由と2種類の色校正。


印刷販促物を制作する上で、最も避けたいのは「刷り直し」である。

印刷物の場合、通常は「使用する日時(=納期)」が決まっている。
その日までは何としても、完全な状態で納品をする必要がある。

そのため、事前にスケジュールを組み、校正を行い、
お客様からご確認・ご了承を頂き、紙を発注し、
印刷・加工を行い、最終的に納品という流れになる。

刷り直しになるということは、校了・下版以降の作業を
全て一からやり直すこととなり、コストと日数が掛かり、
最悪、使用する日までに間に合わないということになる。

これを避ける方法として、「色校正」を最初の段階から想定して欲しい。


色校正を行うべき3つの理由


なぜ、色校正を行うべきなのか?

1 お客様の注意力の問題

往々にしてあるのが、普通のプリンタやPDFでの校正では、お客様が誤りを見逃し、
印刷物が完成してから、間違いに気付くというパターンである。

これは、実際の完成状態に近ければ近いほど、人は真剣に見る傾向があるからだ。

校正の段階では、仮に誤りがあったとしても、修正すれば問題にならないため、
完成した印刷物に誤りがあった場合の悲惨な状況をイメージしきれず、
危機感が希薄だからだと考える。

校了というマイルストーンが、どれだけ重要なものかをお客様に認識して貰うためにも、
色校正というのは、本当の最終確認であるという認識を高める役割を担う。

2 完成品と同じ状態での最終確認

印刷を行うためには、「製版」という作業が必要になる。
これは、刷版を作るという工程だ。

ところが、この製版の工程で、予想外の問題が起きることがある。

虫眼鏡などで拡大して見て頂くと分かるのだが、私たちがよく見る印刷物は、
「網点」と呼ばれるドットの集合体で構成されている。
カラー印刷物であれば、そのほとんどが、4色(CMYK)のドットの集合体だ。

製版を行う過程で、IllustratorやInDesign等で作ったデータから
この網点を生成するリップ処理を行うのだが、この工程で問題が起きることがある。
例えば、画像が消えたり、組版が崩れたり、効果が変になったりする。

色校正では、印刷を行う際と同様に、このリップ処理したものを確認するために、
実際に刷り上がってから、仕上がりが変だという状況を回避できるようになる。

3 仕上がりの色の確認

まず、前提として、モニタで見る色と印刷物の色は絶対に合わない。
また、プリンタで出力した色と実際の印刷物の色は異なる。

ここで問題となるのが、校正していた時と完成した印刷物の色が違うということだ。

作業するデザイナーやDTPオペレーターのモニタ・キャリブレーションを行い、
モニタとプリンタのカラーマネジメントを行ったとしても、限界がある上、
複数の印刷会社と取引する場合、最終の仕上がりは印刷会社次第である。

「色が違う!」というお客様からのクレームを事前に防止し、
最終の色の仕上がりを確認するために、色校正は必要である。


2種類の色校正


色校正を行う場合、大きく分けて2種類の方法がある。

まず、本紙校正(または本機校正)と呼ばれるもので、
実際に印刷する紙に、実際に印刷する機械で印刷を行い、
本番と同じ条件で、色校正を行う方法である。
この方法が、最も確実であるが、費用は高い。

それに対し、カラーマネジメントを行った何かしらの出力機によって、
印刷をした際の色を再現して、プリントしたものを校正する方法である。
弊社では、簡易色校正という表現を使用している。

簡易色校正は、本紙校正に比べて安価ではあるが、
実際使用する紙で行わなかったり、実際の印刷機で行うわけではないので、
かなり近いところまで色の再現は可能とはいえ、多少の誤差は生じてしまう。

Tips:印刷部数やページ数が多く、刷り直し時の紙を再購入するリスクが高い場合、
   クライアントが、色に対して非常にこだわりが有り、要求が厳しい場合、
   企業ロゴやブランドロゴなど、特色指定が有ったり、厳密なルールが有る場合は、
   本紙校正(本機校正)を行って貰えるよう、お客様にご相談するのが懸命である。


最後に


印刷物の制作は、WEB制作に比べ、制作完了後のリスクが非常に高い。

作業工賃も再度発生する上に、
紙・刷版・インク等の材料費や運賃などの諸経費も再度掛かってしまう。
これは、誰かが負担しないといけないわけだが、
色校正を行っていないと非常に微妙な状態になる。

いずれにしろ、刷り直しという作業は誰も喜べない、
ディレクターやデザイーナートして、避けなければいけない工程である。
リスクをきちんと管理してくれるディレクターへの信頼は非常に厚くなる。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)