Home / オンデマンド印刷 / 売れるディレクター・デザイナーになるために知っておいて欲しい印刷物制作の基礎知識 vol.2

売れるディレクター・デザイナーになるために知っておいて欲しい印刷物制作の基礎知識 vol.2


売れる営業・ディレクターの法則・ツールまとめ

特殊な印刷物の加工費用を軽減する方法?
POP制作で活用する2種類の抜き加工と3つのルール


前回のご紹介した、「印刷物制作の基礎知識 vol.1」である
最悪の刷り直しを避けるための方法? 色校正を行うべき3つの理由と2種類の色校正
に引き続き、今回は、POP制作で活用する「抜き加工」についてご紹介したい。

今回は、たくさんあるポイントの中から、
「2種類の抜き加工」「抜き加工を行う際の3つのルール」について、ご説明をする。


POP制作で活用する2種類の抜き加工


抜き加工を行う方法は、大きく分けて2つある。

抜き型を制作して、抜き加工用の機械で行う方法

従来から行われている一般的な方法として、
抜き型を制作して、それによって抜き加工を行う方法が挙げられる。

分かり易く説明すると、ハート形のクッキーを作る際、
みなさんはまず、ハート形の抜き型を用意するだろう。
そして、伸ばしたクッキーの生地に1個1個、押し当てて、
ハート形のクッキーを作っていくだろう。

POP制作も同じである。
もし、丸い形のPOPを作ろうと考えたら、まず円形の抜き型を作る。
そして、それを紙に押し当てて、紙を丸い形に抜いていく。
これを抜き加工用の機械で行っていくことになる。

抜き型を制作せず、カッター付きの機械で行う方法

近年、小ロット印刷の需要拡大やオンデマンド印刷機の性能向上に伴い、
抜き型を使用せずに、抜き加工を行う機械が数多く登場している。

この機械には、センサーとカッターが付いており、
Illustratorなどで制作した、抜きラインをパスデータとして送ると、
機械がセンサーで紙の原点を読み込み、
そこを基準に付属のカッターで自動カットしてくれるというものだ。

上述の抜き型を使用した加工に比べ、
この機械でカットする方が、加工に時間が掛かってしまうため、
枚数が多いものには、作業時間の面で不向きと言える。


POP制作で抜き加工を行う際の3つのルール


では、実際に抜き加工を行う際に、どちらで行えば良いのか?
どのような注意点があるのか考えてみたい。

1 納期をどのように設定するべきか?

まず、抜き加工が必要な時点で、通常の印刷よりも製作に時間が掛かる。

抜き型を製作する場合、型の製作だけでも、
短くて1日、通常は2日間または3日間は、想定しておいた方が無難である。

全体の流れとしては、データを抜き型の製作所に渡し、問題が無いかチェックし、
その後、実際の抜き型製作を行い、抜き加工を行う工場へ抜き型を渡す必要がある。
そして、抜き型が完成次第、抜き加工を行うのに、ロットに応じた加工時間が掛かる。

抜き型を制作しない場合でも、今度はカット(抜き加工)に時間が掛かるため、
事前に、1個の抜き加工に掛かる時間から計算して、
トータルの加工時間を、余裕をもって想定しておく必要がある。

Tips:ロットが多い(1個の大きさにもよるが、1,000枚または5,000枚以上の)場合は、
   抜き型を製作することになるが、時間に余裕があるなら、
   実際の印刷物を抜いて、抜きチェックを行うことをオススメしたい。
   全部、抜き加工を行ってしまってから、万一、不備が発覚した場合、
   紙を全部仕入れ直し、また最初から印刷を行わなければいけないからだ。
   印刷において、リスクを可能な限り低くする努力は、非常に重要である。

Tips:どうしても納期を短縮する必要がある場合は、
   印刷物のデザインの大枠が確定した時点で、抜き型を製作する方法がある。
   細かい修正や色の調整などを行っている間に、抜き型を製作するのである。
   ただし、もしこの方法を行う場合は、抜く形状についてはOKを頂き、
   クライアントに対して、修正ができないことを伝える必要がある。
   もし、途中で抜きの形状が変わると、余計な費用が発生することになる。

2 価格メリットはどちらの方法にあるのか?

価格メリットは、抜き型の形状や製作するロットによって異なる。

【抜き型の形状】
 複雑な程、また、直線ではなく曲線が含まれる程、抜き型の製作費用は高くなる。
 抜き型を使用しない場合は、カット時間が少し長くなり、若干作業工賃が高くなる。

【製作するロット】
 枚数が多い程、抜き型を製作した方が、単価を押さえられる。
 抜き型を製作する場合、イニシャルコストが高く、加工単価は安い。
 抜き型を使用しない場合、イニシャルコストは安く、加工単価が高い。

Tips:お客様に御見積書を提出する際、既に製作部数が決まっている場合は良いが、
   これから枚数を検討する場合は、抜き型を製作する場合と製作しない場合、
   それぞれの費用が逆転する境目を中心に、両方の製作費用を提出すると、
   クライアントから、信頼を得ることに繋がる。

3 再版(リピート制作)の可能性はあるか?


どちらの方法を選ぶか考える上で、
再版(リピート制作)の可能性があるかどうかは、非常に重要なポイントである。

ある程度、定期的に製作を行うのであれば、
イニシャルコストは高いが、加工単価は安い、抜き型を制作する方法が良い。
一方、ロットがそれほど多くなく、単発のプロモーションであれば、
抜き型を製作せずに、抜き加工を行った方が良い場合が多い。

Tips:お客様に御見積書を提出する際、こちらも同じように、
   これから枚数を検討する場合は、抜き型を製作する場合と製作しない場合、
   定期的に製作した場合と単発で製作した場合、両方の製作費用を提出すると、
   クライアントから、信頼を得ることに繋がる。


最後に


抜き加工が必要な印刷物は、通常の印刷物制作よりもリスクが高い分、
事前のスケジュール管理や費用シミュレーションが重要になる。

Tipsでも少しご紹介したが、様々な状況を想定して、
クライアントにとって、最も利益に繋がる方法を模索しながら、
ご提案することが、クライアントからの信頼獲得に繋がると考える。

また、POP製作を発注する企業側の視点で考えると、
様々な状況を想定して、販促単価を考えることで、
プロモーションの費用対効果をアップさせることに繋がる。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)