Home / 販促 / ガリガリ君を食べて、日本代表を応援しよう! 期間限定で攻め続けるという手法

ガリガリ君を食べて、日本代表を応援しよう! 期間限定で攻め続けるという手法


ガリガリ君リッチチョコチョコチョコチップ期間限定発売

限定というフレーズで販促に繋げる?
プレミア感・お得感・今買わなきゃ感を持たせる。


先日のブログ記事で「ガリガリ君梨が期間限定で発売中!」をご紹介したが、
ガリガリ君の製造元、赤城乳業株式会社が、次の期間限定パッケージ商品を発売した。

それが、本日(2012年6月26日)から発売した、
日本女子サッカー応援キャラクター「楓ちゃん」とコラボレーションした
限定パッケージ「ガリガリ君リッチ チョコチョコチョコチップ」である。


人気漫画家とのコラボレーション商品パッケージ


この限定商品は、漫画「キャプテン翼」や「サッカー少女 楓」の作者である、
高橋陽一先生 描き下ろしの楓ちゃんと一緒に、日本女子サッカーを応援するという
コンセプトでパッケージがデザインされている。

この人気漫画家とのコラボレーションによって、
限定商品のプレミア感をより強いものにしていると言える。


期間限定商品を継続的に展開する効果


冒頭で申し上げた通り、ガリガリ君梨も現在、期間限定で発売中である。

その直後に、次の期間限定商品である、今回の商品を展開している。
オリンピックの開催とサッカーなでしこジャパンの躍進というタイミングも
勿論あると思うが、継続的かつ定期的なキャンペーンを行うことで、
ターゲットの関心を「商品」や「ブランド」に集める効果は確かにある。

また、次々に期間限定商品が展開されることによって、
ターゲットは、今買わないと手に入らなくなるという購買欲求が刺激され、
結果的に、商品の販売促進に繋がる可能性が高い。


最後に


私も、限定商品には非常に弱い。

コンビニに行くと、すぐに買ってしまう。
結局、分かっていても、人は「限定」という言葉に弱い。

また、この「限定」に「お得」という要素が加わると、更に弱い。
「今だけ、10%OFF」や「今なら、もう1本プレゼント」という表現を
販促物やCMでよく見るが、それこそが限定とお得の融合コピーである。

企業の販促担当・プロモーション担当・マーケティング担当の方には、
是非、販促の手法として、改めて意識して頂きたい。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)