Home / 販促 / 将来のターゲットに向けた、啓蒙・広報活動? 『クレジットカードのひみつ』を小学生に配布

将来のターゲットに向けた、啓蒙・広報活動? 『クレジットカードのひみつ』を小学生に配布


クレディセゾンが学習教材 まんがでよくわかるシリーズ「クレジットカードのひみつ」発刊

ターゲットの卵は、どこにいるのか考える?
将来への投資として行う啓蒙・広報活動


株式会社クレディセゾンが、株式会社学研パブリッシングの
小学生向け学習教材“まんがでよくわかるシリーズ”『クレジットカードのひみつ』の
企画・制作に協力し、全国約22,000校の小学校と、約3,000館の公立図書館に寄贈した。

「まんがでよくわかるシリーズ」は、子供にも分かり易いように、
様々なテーマをまんがで描いたシリーズで、20年以上続いているが、
今回初めて発刊される『クレジットカードのひみつ』では、
クレジットカードの仕組みや使い方、将来像について解説している。


将来、クレジットカードの使用者となる子供に伝える広報


クレジットカードでの支払い方法が日常化している現代。
この本を通じて、子供たちにクレジットカードについての正しい知識や使い方を
学んで欲しいという想いから教材を作成したとしている。

このように、将来のターゲットや顧客に対する広報・啓蒙活動として、
無料小冊子の配布という施策は、よく行われている。
今回の事例で言うと、子供たちがクレジットカードに関する知識を持つことで、
将来想定されるトラブル回避に繋がるという点で、社会的意義もあると考える。


最後に


このような活動は、企業にとって、販促の観点からは「投資」であり、
社会的立場からは「社会貢献活動」である。

社会貢献の方法としては、様々なことが考えられるが、
企業自体が持つノウハウを活用したものが、効果的であると私は考える。
そもそも、社会に対する役割を考えて、商品やサービスを生み出しているのだから、
それらのノウハウを活用することは、必然的なことである。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)