Home / 販促 / 社会のニーズを商品開発に活かす! コアラのマーチビスケット〈保存缶〉が発売

社会のニーズを商品開発に活かす! コアラのマーチビスケット〈保存缶〉が発売


コアラのマーチビスケット〈保存缶〉2012年7月24日(火)より、防災の日に向けて全国で発売

企業の役目は、自社の強みで社会に貢献すること。
商品開発の原点を垣間みた事例。


株式会社ロッテは、東日本大震災でも被災地への救援物資として提供した、
賞味期限が5年の非常食商品「コアラのマーチビスケット〈保存缶〉」を、
防災の日に向けて2012年7月24日(火)から全国で発売する。


何によって、社会に貢献できるかを考える


この商品は、缶のパッケージ側面に災害用伝言ダイヤルの「手引書」をプリントし、
災害時の防災グッズとしても役立つように設計されている。

ターゲットは、小さい子供を持つ両親と想定されているが、
個人的な考えとして、悲惨な災害が起きた時でも、
このコアラのマーチのパッケージを見ることによって、
少なからず精神的な負担が軽減できる効果も期待できるのではないかと考える。

ロッテは、この商品のプレスリリース文で、
「今後も菓子のリーディングカンパニーとして、
 防災について考えるきっかけを提供していく」と伝えている。


最後に


私が、このブログをスタートさせた時も、
「自分の会社は、社会に対してどのようなことで貢献できるか?」と考えた。

このブログは、
「販促スペシャリストを増やすこと」と「日本経済の活性化に貢献すること」を
主たる目的として、運営を行っている。

より良いサービスを提供し続けるためには、
明確な目的と確固たる志を持ち続けることが必要である。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)