Home / 販促 / 事業・商品コンセプトを顧客の利益と繋げる? 全マンションをスマート化を目指す三井不動産

事業・商品コンセプトを顧客の利益と繋げる? 全マンションをスマート化を目指す三井不動産


「環境」「防災」をテーマに、三井不動産レジデンシャルの独自基準を策定 全マンションをスマート化

社会ニーズを取り入れたコンセプトづくり?
お客様の利益を最大化する商品開発。


三井不動産レジデンシャル株式会社は、サステナブルな住まいと暮らしの実現に向け、
分譲マンション事業におけるスマートビジョンを策定し、
2012年7月より設計を開始する首都圏の物件から、全マンションに導入していく。

三井のマンションのスマートビジョンは、
環境負荷を低減する「環境共創プログラム」と、
安心安全を築く「複層防災プログラム」の二本柱で構成されている。

そして、建物や設備(ハード)を、コミュニティ活動(ソフト)で
活用・活性化することにより、サステナブルな住まいと暮らしを実現するとしている。


社会ニーズを取り入れたコンセプトづくり


東日本大震災以降、私たちの生活の中で、
「環境」と「防災」という2つは、より重要なテーマとなっている。

特に、住宅という、「暮らし」そのものに直結する商品において、
社会のニーズを反映させなければ、
お客様へ利益を提供することはできないだろう。

今回ご紹介した、三井不動産レジデンシャルの場合、
上記の図のように、明確なコンセプトと、
それをどのように実現するかをターゲットに提示している。

企業間において、技術力が均衡する現代では、
いかにターゲットと社会に利益をもたらすのかという、
コンセプト作りとそれに伴う商品開発が重要になると考える。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)