Home / 販促 / 売れる営業マンが実践するたった1つのルール

売れる営業マンが実践するたった1つのルール


売れる営業マンが実践するたった1つのルール

成功者から学ぶ!
売れる営業の極意はたった1つ。


私も営業を行っている人間として、
「売れる営業マン」とは何かを考える。

営業は、企業の売上を担う要である。

以前、某企業のトップセールスマンの方の
セミナーを聴く機会があった。

今回は、自己分析をして私も心がけている
「営業マンが実践すべきたった1つのルール」をご紹介したい。


売れる営業マンが実践するたった1つのルール


突き詰めていくと、売れる営業マンになるためのルールはたった1つだ。

営業の極意

何を今更と思うだろうが、本当にできている営業マンはごく僅かだ。
だから、売上に差が生じる。以下、詳しくお話をしたい。

なぜ聞くのか?


お客様は、こちらが売りたいモノを買うのではなく、
お客様自身が、必要なモノや欲しいモノを買うのだ。

つまり、「こちらから何かを売られること」をそもそも望んでいない。

だから、まず一度、
こちらから一方的に話すことを諦めて欲しい。

何を聞くのか?


必要性と所有欲が、購入欲求の正体だ。

結局、お客様が何の悩みも無く、何も欲しがっていなければ、
そのお客様は、何も購入しない。

だから、営業マンの方には、
お客様のご不満とお悩みをとにかく聞き続けて欲しい。

徹底的に聞くとは?


営業マンの陥る落とし穴は、自分の売上を優先することだ。
この状態に陥ると、自分の商品やサービスしか頭に無くなる。

結果的に、この状態でお客様からお話を聞くと、
ご不満やお悩みの一部分や表面的な部分しか聞くことができない。

本当に、お客様からお話を聞くためには、
多角的に、根本的に何に困っているのかを聞く必要がある。

ご不満やお悩みを聞くメリット


ご不満やお悩みを徹底的に聞くと、現状の問題点や課題が見え、
そのお客様にご提案するべきモノが分かってくる。

また、「ご不満やお悩みを解決できる方法」を教えてくれるなら、
話を聞いてくれる可能性が非常に高いので、次のアポ取りが容易になる。

ご不満やお悩みを徹底的に聞くことは、お客様だけでなく、
営業マンにとっても大きなメリットとなる。

きちんと回答するとは?


ご不満やお悩みを聞いたその時点で、
最適な解決策や改善策を持ち合わせていない限り、即答する必要は無い。

さすがに、お客様も一人の人間が全ての答えに即答できるとは
思っていないし、適切でない答えを提示すると、それは逆に迷惑行為だ。

その場で、営業マンが言う必要のある言葉は、
最低限、「次に伺うまで、きちんと考えてきます。」だけだ。

その後の対応について


まず、その日の内に、まずは解決策や改善策を調べて考えて欲しい。

すぐに解決策や改善策が分かったら、連絡をして良いが、
時間が掛かりそうだったら、「いつまでに進捗を報告するか」だけを連絡する。

その後、進捗報告の連絡期日になったら、
いつまで準備をできるかを伝え、その時にアポ取りを行う。

お客様にしてみれば、ただご不満やお悩みをお話しただけなので、
決して、できない期日を伝えて無理をする必要は無い。
きちんとご回答できる範囲で、お客様にお伝えすることが重要だ。


まとめ


冒頭でご紹介したトップセールスマンは、この方法で大成功をした。

私もこの方法を実践できた場合は、成功するし、
あってはならないことだが、この方法から外れてしまった場合は、
お客様にご迷惑をかけたり、お客様を失望させてしまう。

また、この方法の優れている点は、
この方法を繰り返すことで、
お客様と営業マンの間に、強い信頼関係が生まれることだ。

今回のブログが、営業マン、ディレクター、経営者の方々など
様々な人のお役に少しでも立てれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)