Home / SEO / もうSEOとか辞めませんか?

もうSEOとか辞めませんか?


SEO 2013
SEO 2013 / Rushtips.com


SEO、SEO、SEO一時は、過剰なまでの、サーチエンジン最適化対策が
行われてきました。

今でも、その名残が少し残っていて、
「SEOで、1番になりたい」
という相談もあります。

本当に検索上位にでれば良いのか?


上場企業の有価証券報告書においても、「SEO対策を強化する」と
明言されているくらい、検索エンジンによる上位表示は、重要です。

大規模なアクセスを必要とする大きなメディアにとっては、
非常に重要と思いますが、はたして、中小企業にとってはどうなのでしょうか?


ターゲット顧客に訴求する。


中小企業にとって、大事な事は、
ターゲット顧客に、訴求する事です。

当社も以前は、検索上位表示で、
1日に複数社から見積もり依頼や
お問い合わせをいただく事がありました。

しかし、ほとんどの会社は、
「コンペ用」「社内稟議用」等が多く、
対応コストの方が高かったように今振り返ると思います。

もちろん、当社の強みである
「売上をアップさせるWeb制作」とその内容に共感して頂き
指名でいただく事も多数ありました。


”わかってほしい事”をわかりやすく伝え続ける。


まず、「自社のサービスは、何か?」を知る事は、とても大切です。

そして、その上で、その情報を顧客に伝え続ける事が重要です。

当社の事例で言うと、過剰なSEO対策は行わず
自社の強みである、「売上をアップさせるWeb制作」に特化し
そのノウハウ等の、このようにブログで伝え続けています。

その中で、講演の依頼や、ご相談を頂くこともあり
文字通り「指名」で、継続的なお仕事をいただけるようになりました。


SEOは、手段


冷静に考えると当然のことですが、
SEOは、自社の強みを多くの人に伝える「手段」です。

この「手段」が先にくると、メニューの無い料理店のようになり
お客様とのコミュニケーションロスが多数発生します。

まず、「自社の強み」を明確にしましょう。

そして、それを、地道に、顧客に伝え続けましょう。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)