Home / 新規事業 / 企画書を作るとき参考にしたいまとめサイト3選

企画書を作るとき参考にしたいまとめサイト3選


“読みたい企画書”を作るには?


新規ビジネス立ち上げ時やプレゼン等、クライアントに企画書を見せる機会は
多いと思います。
企画書を見せ、少しでも相手の印象に残すためにはどうすれば良いのでしょうか?

企画書を作る上で重要なポイントは内容、見た目、構成の3つです。
内容はもちろん、インパクトのある見た目にすることで相手の印象に残り、
またしっかりと読みやすい構成を考えなくてはいけません。

今回は企画書制作で迷った時参考にしたいまとめサイトを3つご紹介します。
どのサイトも素晴らしい企画書が無料で公開されています。
デザインや書き方など迷った時には是非アクセスしてみて下さい。


世界中の企画書が読めるSlideShare


thumbnail

SlideShareは世界中の企画書を閲覧できる共有サービスです。
非常にデザイン性の高い企画書も多く、バリエーションも豊富。

“読みたい企画書”を作る際参考にしたいサイトです。
もちろん日本の方が作成した企画書も多数アップされています。

SlideShare: http://www.slideshare.net/



カテゴリ分けが豊富なauthorSTREAM


thumbnail
authorSTREAMはカテゴリ分けが豊富な企画書共有サービスです。
カテゴリ分けが細かいのでジャンルに合った企画書を閲覧できます。

業態別に企画書を参照したい場合には一番使い易いサイトです。
デザインだけでなく書き方や構成なども参考になります。

authorSTREAM: http://www.authorstream.com/



SlideShareをまとめたbikkuri


thumbnail
bikkuriはSlideShareの企画書のまとめサイトです。
日本語サイトですので、日本語で書かれた各種企画書を簡単に閲覧できます。
紹介されている企画書も多岐に渡ります。

時間を節約したい時やSlideShareで探すのは面倒という時におすすめです。

bikkuri: http://bikkuri.me/



まとめ


企画書制作はデザイン・構成・内容どれが欠けても良い企画書が作れません。
SlideShareは世界中のデザイナーが制作した企画書を閲覧できますので、
デザインや構成を考える上で非常に参考になります。

また、autorSTREAMはカテゴリ分けが細かく、業態別に企画書を参照できます。
時間を節約したい時や日本人が制作した企画書を閲覧したい場合はbikkuriが
役立ってくれるでしょう。

内容も重要ですが、印象に残る企画書にするためにもデザインや構成に
こだわってみてはいかがですか?きっと新しい刺激をもたらしてくれるはずです。


A8.netが技術スタッフを募集中