Home / WEB制作 / 自分の入力したメッセージで動画生成される? auのタイムトリップが採用したシェア拡散方法

自分の入力したメッセージで動画生成される? auのタイムトリップが採用したシェア拡散方法


〜KDDIはネットワークだけでなく想いもつなぐ〜 au歴代機種を通じて想いを伝える 「auタイムトリップメッセンジャー」

au TIME TRIP MESSENGER


シェア・ツイートを生み出すコンテンツ制作とは?
ユーザーの入力内容で結果が変わる情報拡散の仕組み


KDDI株式会社は、“つながるための取り組み”の一環として、
“つながり“に対する想いを伝えていくことを目的に、
ブランディングコンテンツ「auタイムトリップメッセンジャー」を公開した。

このコンテンツは、時代の流れとauの携帯電話の進化を表現した動画と共に、
家族や友人に送りたいメッセージを携帯やSNSに届けることができようになっている。
FacebookやTwitterなどのSNSでも参加・シェアすることができる。


オリジナル動画生成とソーシャルメディアによる共有・情報拡散


まず、ユーザーはE-mailで共有するか、ソーシャルメディアで共有するかを選ぶ。

auタイムトリップメッセンジャーのシェア方法
その後、自分が相手に届けたいメッセージを入力する。
この画面は、携帯で入力するようなイメージになっている。

auタイムトリップメッセンジャーの入力画面
そして、ここからがこのプロモーションの興味深い点である。
ユーザーがメッセージを入力すると、その内容に合わせて動画が自動生成される。
入力した文字が、動画内の携帯画面に表示されながら、進行していく。



動画の再生が終了すると、このメッセージを共有する画面が表示される。
共有したい方法で、許可を出すと実際に共有させる仕組みになっている。

auタイムトリップメッセンジャーをFacebookかTwitterでシェア
例えば、先ほどの入力画面で、「AUタイムトリップ」と入力し、
Facebookでシェアすると、こんな感じに表示される。

auタイムトリップメッセンジャーをFacebookでシェア
これにより、ソーシャルメディア内で、情報拡散を起こすと同時に、
それを見たユーザーを特設サイトへ誘導することを狙う仕組みとなっている。


最後に

時代と届ける手段は変わっても、人と人がつながろうする想いは変わらない。

これは、auがこの特設ブランディングサイトで、表現したかったことだ。
そして、auはそれをサポートする企業であり続けると伝えている。

ユーザーにこのようなブランドメッセージを伝える方法はたくさんある。
その中で、ソーシャルメディアを活用することにより、
「共有」と「共感」という、非常に良いサイクルを構築することが可能になる。

社会に対して、企業自身がどのような役割を担っていくかを考え、
それを伝えていくことは非常に重要なことであると考える。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)