Home / WEB制作 / コレ欲しいの瞬間に対応するスマホサービス? ドクターシーラボ導入の近隣店舗表示サービス

コレ欲しいの瞬間に対応するスマホサービス? ドクターシーラボ導入の近隣店舗表示サービス


【日本初】 「 ”コレ欲しい!”と思ったら、近くのお店がスマホに表示」  ~ドクターシーラボ公式サイト 多デバイス対応型の近隣店舗表示サービス導入!~

MashArea(O2O促進サービス)


ユーザーの今すぐ!の購買欲求を逃さない?
スマホと店舗を繋げて、来店促進を実現する方法


株式会社ドクターシーラボが、今月、
株式会社神戸デジタル・ラボの提供する、多デバイスに対応した
位置情報取得による近隣店舗情報表示サービス「Mash Area」を公式サイトに導入した。

これにより、ユーザーの「今すぐ欲しい」を逃さない、
より効果的な来店促進施策を実現できると考えられる。


O2O促進サービスで、来店率・コンバージョン率アップに貢献する


今回のサービス導入に伴い、商品ページ上に、
ユーザー端末の位置情報に応じて、現在地に近い店舗を自動的に選択し、
スマホ・タブレット・PCの画面上に表示する機能が追加された。

これにより、今まではユーザーが店舗一覧ページで検索しなければならなかった
近隣店舗の情報が、商品を見ながら、すぐに閲覧できるようになり、
ユーザーの「今欲しい」を逃さずに、効果的な販促を実現できるだろう。
 
今回のアプローチは、
従来のクーポンなどによる誘引施策とは別視点の試みであると伝えている。

ユーザーの購買行動に着目し、購入決定プロセスにおける選択肢を広げ、
購入機会を逃さない「O to O」(オンライン トゥ オフライン)の試みであり、
より多くのユーザーをコンバージョンさせる可能性を秘めていると考えられる。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)