Home / WEB制作 / コンバージョン率の高いWEB制作:直帰率を軽減する

コンバージョン率の高いWEB制作:直帰率を軽減する


コンバージョン率の高いWEB制作:直帰率を軽減する
売上アップに繋がるWEBサイトについて考えた際、
コンバージョン率(CVR)の高いWEBサイトが求められます。

それ故、アクセス分析をした上で、
直帰率と滞在時間を比較し、ページ構成を検討する必要があります。

流入キーワードから考える


各流入キーワードごとに、直帰率と滞在時間を比較し、
「直帰率が高く」かつ「滞在時間が短い」ものを見付け、
最初に見られているページを改善する必要があります。

特に、主要キーワードやコンバージョンの高いキーワードについて、
着目しながら、改善を検討する必要があります。

ページから考える


各ページごとに、直帰率と滞在時間を比較し、
「直帰率が高く」かつ「滞在時間が短い」ものを見付け、
最初に見られているページを改善する必要があります。

特に、トップページ・サービス紹介ページ・お申し込みページについて、
着目しながら、改善を検討する必要があります。

このように、直帰率と滞在時間を比較することで、
改善すべきポイントが明確に見えてきます。


販促・プロモーションに関わる方々にとって、
少しでもお役に立てれば幸いです。

もし宜しければ、みなさんが過去に経験したWEB制作に関するトラブルを
販促まとめFacebookページのコメントで是非共有して下さい!
ブログを通じて、一緒に解決していきたいと思います。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)