Home / WEB制作 / 目標を数値化して欲しい5つの指標:売上アップを実現するために知っておいて欲しいWEBサイトチェック項目

目標を数値化して欲しい5つの指標:売上アップを実現するために知っておいて欲しいWEBサイトチェック項目


目標を数値化して欲しい5つの指標:売上アップを実現するために知っておいて欲しいWEBサイトチェック項目


編集長の高橋です。

売上アップを実現するWEBサイト制作のために、
チェックしておきたい項目がいくつか存在します。

まず、「数値化された目標を持ったWEBサイト」である必要があります。

何を今さらと思う方もいるかもしれませんが、
あなたのWEBサイトは、本当にそれを実現できているでしょうか?

WEB制作を考える場合、最低でも5つの指標の数値目標を設定し、
その後のアクションを行う必要があります。

目標を数値化して欲しい5つの指標


売上アップを実現するために知っておいて欲しいWEBサイトチェック項目として、
「目標を数値化して欲しい5つの指標」が挙げられます。

今回は、WEBサイトへ来訪したユーザーからお問い合わせを獲得し、
その後の営業活動を経て、受注する流れで考えてみます。

 1. ゴール:売上目標
 2. 成約率:お問い合わせから受注に至る割合
 3. 見込客数:お問い合わせ数
 4. コンバージョン率:WEBサイトアクセスからお問い合わせ完了に至る割合
 5. 流入数:アクセスユーザー数


最低でも、上記の5つの指標に関して、
目標を数値化し、その後のPDCAを行う必要があります。

それでは、順番に指標を数値化していってみましょう。

1. ゴール:売上目標


まず、WEBサイトを新規制作・リニューアル制作した後、
今までよりも、どのぐらいの売上アップを目指すか、具体的な数字で決めます。

この数字が具体的で無いと、その後のアクションも曖昧になり、
結局、成果に繋がったのかどうか、あるいは、最適なアクションなのかどうか、
色々なことが不明確になってしまいます。

今回は、「1億円の売上アップ」を目指し、WEBサイトを制作したと仮定します。

2. 成約率:お問い合わせから受注に至る割合


次に、成約率について数値化します。
これに関しては、過去の営業実績を基に考えるのが、最適です。

例えば、営業マンが10件アポイントを取って、
その後、2件の成約を獲得している実績があるのであれば、
成約率は、20%という仮定ができます。

企業・営業マン・時期によって、差異はあると思いますので、
自社の平均数値を算出し、成約率を数値化して下さい。

3. 見込客数:お問い合わせ数


さて、売上目標と成約率を数値化できれば、
目標の達成に必要な「見込客の数」を算出できます。

今回の場合、WEBサイトでお問い合わせを獲得し、新規営業に繋げるという流れですので、
「見込客の数」=「お問い合わせ数」と言えます。

例えば、平均顧客単価が500万円と仮定すると、
1億円の売上を実現するためには、
1億円 ÷ 500万円/件 = 20件の受注 が必要になります。

成約率が仮に、20%だとすると、
20件 ÷ 20% = 100件のお問い合わせ が必要になります。

このように、売上目標達成に必要なお問い合わせ数を
具体的な数字で考えていきます。

4. コンバージョン率:WEBサイトアクセスからお問い合わせ完了に至る割合


ここで、WEBサイトアクセスからお問い合わせ完了に至る
コンバージョン率についても考えます。

どんなにWEBサイトに集客しても、コンバージョン率が低ければ、
お問い合わせには繋がらず、売上アップにも繋がりません。

まずは、現状のコンバージョン率を計算してみましょう。
今回は、コンバージョン数を、お問い合わせ数として考えてみましょう。

コンバージョン率を計算したら、
その数値を0.1%ずつアップさせていくための方法を考え、
コツコツと改善を行っていくことを忘れないで下さい。

5. 流入数:アクセスユーザー数


最後に、必要なお問い合わせ数とコンバージョン率を仮定できれば、
それに必要なアクセスユーザー数を計算できます。

仮に、コンバージョン率を5%とすると、100件のお問い合わせを獲得するためには、
100件 ÷ 5% = 2000人 というアクセスユーザー数が必要になります。
もし仮に、コンバージョン率を2%とすると、100件のお問い合わせを獲得するためには、
100件 ÷ 2% = 5000人 というアクセスユーザー数が必要になります。

これらを踏まへて、流入数を増やすためには、何をすべきか、
コンバージョン率をアップするには何をすべきかを考えていきます。

最後に


このように、WEB制作を開始する前に、
重要な指標目標を具体的な数字で明確にし、
プロジェクト内で共有する必要があります。

なぜなら、それらの目標数値によって、
何を、いつまで、どのように行う必要があるのかが変わるからです。

また、今回は記載しませんでしたが、
「いつまで」ということも非常に重要です。

販促・プロモーションに関わる方々にとって、
少しでもお役に立てれば幸いです。

もし宜しければ、みなさんが過去に経験したWEB制作に関するトラブルを
販促まとめFacebookページのコメントで是非共有して下さい!
ブログを通じて、一緒に解決していきたいと思います。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)