Home / WEB制作 / コンバージョン率をもっと真剣に考える:お申し込み・お問い合わせフォームで離脱されるという最悪のケース

コンバージョン率をもっと真剣に考える:お申し込み・お問い合わせフォームで離脱されるという最悪のケース


コンバージョン率をもっと真剣に考えよう:お申し込み・お問い合わせフォームで離脱されるという最悪のケースを避けよう


編集長の高橋です。

WEBを活用して売上アップを実現しようと考えた場合、
まず、WEBサイトをターゲットに見て貰う必要があり、
次に、WEBサイトでターゲットに共感・期待・信頼して貰う必要があり、
最後に、WEBサイト内で、何かしらの最終アクションを行って貰う必要があります。

多くのWEBサイト制作の目的は、この最終アクションをして貰い、
見込客または顧客を獲得し、売上アップを実現することのはずです。

今回、それを実現するために、コンバージョン率についてもう一度考え、
フォームが設置されたページの重要性と改善策についてご紹介します。


基礎:コンバージョン率が、なぜ重要か?


例えば、お問い合わせフォームから見積依頼をして貰う、
資料請求フォームから資料の送付依頼をして貰う、
お申し込みフォームから予約や注文をして貰う、
というのが、WEBサイト上で期待するユーザーの最終アクションです。

そのユーザーに期待する最終アクションが実行された数をコンバージョン数、
全体に対する、コンバージョン数の割合をコンバージョン率と呼びます。

結局のところ、コンバージョン率が低いということは、
どんなにWEBサイトにターゲットを誘引しても、
成果には繋がらないということになってしまうので、
コンバージョン率が重要であると言えます。

コンバージョン率を上げる施策:フォーム設置ページの離脱率を下げる


さて、コンバージョン率をアップさせるために、
様々な観点から様々な施策を行うわけですが、
最も重要なページは、フォームが設置されたページ、
つまり、ユーザーがWEBサイト内で最終アクションを行う場所です。

お問い合わせ・資料請求・お申し込みフォームが設置されたページの
離脱率を下げることが、非常に重要となります。

最後の最後で、ユーザーに離脱されてしまうのは、非常に勿体無いことです。

リアル店舗で例えるなら、お客様がわざわざ窓口に並んだのに、
待ち時間が長過ぎて、あるいは面倒になって、
途中で帰ってしまうという状態と同じことです。

離脱率を下げるためのフォーム最適化


まず、離脱率を下げるために、入力項目数を極力減らしましょう。

ユーザーの立場になって、項目数が多くないか客観的に検証しましょう。
全ての項目を入力するのに、時間がどのぐらいかかるのか、
1人のユーザーとして、実際にお申し込みしてみて下さい。

企業側の一方的なエゴで、
マーケティング情報を取得したいという希望から存在する項目は、
一旦全て削除した上で、A/Bテストの実施を推奨します。

本当にユーザーに煩わしさを感じさせないように、
最大限、項目数は減らして下さい。

その他、ユーザー入力補助機能や入力例の記載、
リアルタイムな入力ミス・漏れのチェック機能など、
様々な観点から、ユーザーの離脱を防ぐ施策を平行して行いましょう。

最後に


今回記載したことは、当たり前のことのように思うかもしれませんが、
実現できていない企業サイトのフォームを多数見ます。

人は、油断すると客観性を失うことがよくあります。
WEBサイトは、ユーザー視点で、常にチェックされる必要があります。

最後の最後で、お客様を逃してしまうことは、防がねばなりません。

販促・プロモーションに関わる方々にとって、
少しでもお役に立てれば幸いです。

もし宜しければ、みなさんが過去に経験したWEB制作に関するお悩み・トラブルを
販促まとめFacebookページのコメントで是非共有して下さい!
ブログを通じて、一緒に解決していきたいと思います。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)