Home / WEB制作 / 多言語対応の海外向けホームページを作る時に注意しておくべき3つのポイント

多言語対応の海外向けホームページを作る時に注意しておくべき3つのポイント


Earth - Following a Polar Ice Melt (Version 2)
Earth – Following a Polar Ice Melt (Version 2) / Kevin M. Gill


東京オリンピックの開催が決まり、今後、グローバル化の加速が進みます。

当社もこれまで、数多くの多言語対応の海外向けホームページを作成してきました。その際に気をつけておくべき3つのポイントを記述しておきたいと思います。

今回は、基礎編です。


世界視点で、デザインをする



Apple / aditza121

多言語対応の海外向けホームページは、どうしても、日本語ページを翻訳したサイトになりがちです。これでは、海外のユーザーに伝わりにくいです。

海外のホームページは、

シンプルに、インパクトのあるメッセージで、コンセプトが明確

な、ホームページが多いです。

一方、日本のホームページは、できる限り多くの情報を詰め込み、それでいて、探しやすく整理されていることが特徴です。

もちろん日本のユーザーに対して、しっかり訴求したいという思いも有ると思いますが、Appleの洗練されたデザインからもわかるように、世界のデザインの潮流は、シンプルに、インパクトのあるメッセージで、コンセプトが明確な、ホームページに傾倒しています。

思い切って、世界標準の多言語対応の海外向けホームページを制作をしたらどうでしょうか?


多言語対応の海外向けホームページのゴールを決める



goal / Sean MacEntee

ただ単に、英語版も作るだけでは、もったいないです。

どうせならば、そのページから、

「月にXX件のお問い合せが入ってくる」とか、
「海外の人とFacebookと連動させてコミュニケーションがとれる」

等、多言語対応の海外向けホームページのゴールを決めましょう。

当社が担当させていただた多言語対応の海外向けホームページでは、
中国語と英語に対応したホームページを作成させて頂き、SEO対策もしっかりしていたため、検索流入でお問い合わせの増加につながりました。


セキュリティ対策は、厳重に



Batman and Symantec? / Jagger

多言語対応の海外向けホームページを作るということは、当然舞台は、

世界

になります。

ウィルスやセキュリティ対策も厳重に行うことをオススメします。

これは、あながち、後回しにされやすいので、注意が必要です!

ワードプレスのアップデートやセキュリティ対策は、もちろんの事、定期的なバックアップデータをとる事も大切です。

もし、多くのアクセスを得ることが予想されるホームページの場合は、サーバーの補強も考えておいた方が良いかもしれません。


まとめ


1,世界標準のデザイン
2,ゴールを決める
3,セキュリティ対策


以上の3点をあげさせていただきました。

普通の事では有りますが、意外と

盲点

でも有ります。問題が起きてからでは、対策に割くための時間は、何10倍も大変になります。ほんの少しの労力で、しっかりと対策しておきましょう。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)