Home / WEB制作 / 売れるECサイトを作るためにYahooの検索結果画面に表示されるJWordは有効か?

売れるECサイトを作るためにYahooの検索結果画面に表示されるJWordは有効か?


Yahoo検索結果画面に表示されるJWordは有効か?

検索エンジンからJWordで流入を増やす?
広告運用は費用対効果の見極めが重要


先日、自社運営のECサイトのベータ版をオープンさせ、
テストマーケティングを行いながら、現在、最適化を行っている。

私自身も売れるECサイトを構築するべく、
「売上アップを実現するECサイトの作り方の法則と秘訣」について考え、
本ブログを通じて、シリーズ記事やまとめ記事を書いている。

今回は、「Jword」についてご紹介したい。


Yahooの検索結果画面に表示されるJWordは有効か?


みなさんは、「JWord」をご存知だろうか?

Yahooで検索を行うと、画面右側のスポンサードサーチの一番下に、
「JWordサイト」という文字とWEBサイト名・コメント・リンク先が表示される。

これは、GMOインターネットグループ傘下のJWord株式会社とYahooが提携し、
実施されているサービスで、特定キーワードの検索結果の1ページ目、
スポンサードサーチの一番下に常に表示されることを1年間保証するサービスである。

このサービスを行う場合、いくつか検討すべきことがあるが、
本ブログでは、2点お話をしたい。

CTRの検証

仮にこの場所に、常に設置されたとして、CTRはどうなるかということだ。

この広告は、Yahooリスティング広告のように、
クリック数に準じて広告費を払うPPC方式ではなく、
バナーのように、表示を保証した広告費固定方式の広告になる。

つまり、どんなに費用対効果が良くても悪くても、
広告費は最適化しようがないため、平均のクリック率がどのぐらいか、
どれだけこの広告から集客できるかが評価するポイントになる。

しかし、広告の販売を行っている会社は、そのデータを持っていないという。
参考にできるとすれば、Yahooリスティング広告を行ってみて、
該当する場所の周辺に広告が配置された場合のCTRを見ることになるだろう。

運用費ゼロのメリット

この広告の大きな特長は、契約さえすれば、
何もしなくても、1年間はその場所を占有できるということだ。

Yahooリスティング広告は、常にコンバージョン率、クリック率、
そして何より、費用対効果を上げるために、調整を行うという
人的リソースの工賃または運用委託費が発生する。

その運用費と先ほど説明したCTRから想定される成果を
総合的に比較検討した上で、JWordを採用するかどうかを検討して頂きたい。


最後に


売れるECサイトを作るということは、決して簡単ではない。
しかし、不可能なことではないし、やるべきことは非常に明確である。

インターネット広告の費用対効果を最適化し続け、
そこから得られるマーケティングデータを活用し、
ECサイト自体も最適化を行っていくことが重要になる。

企業のEC担当・プロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)