Home / WEB制作 / リーン・スタートアップ完全版

リーン・スタートアップ完全版


リーン・スタートアップという言葉をご存知でしょうか?
アメリカの起業家の造語ですが、LEANには、「傾き」「前のめり」という
意味の他に、「効率よく」「無駄を省いて」という意味があります。

すなわちリーン・スタートアップとは、
無駄を省いた、効率的なスタートアップ方式をさします。


リーン・スタートアップとは、高速PDCAである

Lean 001
様々な、概念図がでていますが、私は、このようにまとめてみました。
特筆すべき点は、①のアイデアから、②のデモ制作の流れです。

大企業では、①のアイデアから、②のデモ制作を飛ばして
紙の上で、改善を行い、比較検証し、開発に入ります。

これでは、資料集めに時間がかかりすぎてしまい、稟議が通った頃には、
他者が、新しいサービスが開始しているという事も発生します。

それでは、1つずつ見ていきましょう

①アイデア



課題を解決する「手段」としてのアイデアは、たくさん合ったほうが良いです。
例)
課題:医療問題
手段:
・SNSサイト
・Q&A方針
・ポータルサイト

確率が高い所から、デモ制作を行い、検証を繰り返していきます。


②デモ制作


デモ制作は、簡易ブログツール(CMS)のワードプレスで行います。
国内は、まだ少ないですが、ワードプレスのテンプレート(テーマ)は、
世界中のクリエイターが日夜追加しています。
世界最大級のテンプレートサイト「Template Monster」は、日本語化しているので便利です


③検証


実際に、デモ制作をしてみると、そのサービスを
「ユーザーが使うか?」どうかは、すぐに解ります。

判断の基準は、「自分なら、そのサービスを使うか?」で
考えて見ればよいです。

紙ベースで作られたアイデアは、9割が複雑です。

その複雑なアイデアを、いかにユーザーに使ってもらえるか考えましょう

知人や友人にプレゼンテーションを行い、
フィードバックをもらうことも大切です。


④改善


ここでは、デモで作ったサイトを改善しても良いですし
新しい手段、例えば、SNSからQ&Aに切り替えるても構いません。

とにかくユーザーに使ってもらえるサービスになるように、
①ー④を繰り返しましょう


⑤再検証


デモ制作を経て、サービスや技術の方向性が明確になって
はじめて、再検証を行います。

市場ニーズにあっているか、競合との比較など、入念に事業計画書を
練り上げていくと良いと思います。

その際には、なるべく、10年以上の長期的なプランを
数字ベースで、たてましょう。

大局を見据えることで、現在にやるべきことが見えてきます。
また、次の開発で、いつまでに何をどれくらいの費用でやるべきかが明確になります。


⑥開発


ここまで来ると、「最小限」のスタートで何をやるべきかが明確です。

まさか開発費を800万円かけて、プロジェクトチーム3名〜等で始める必要もありません。

「誰に」
「何を」
「どのようにして」

提供するべきなのか、明確に見えているはずです。
それらを細分化して、小さな成功を積み重ねていけば良いです。


重要:リーン・スタートアップを止めない

サービスを開発しはじめた後も、細かい機能などの高速PDCAサイクルは重要です。ライバルは、常に、PDCAを繰り返し、顧客のニーズに寄り添うために進んでいると考えましょう。

リーン・スタートアップは、大企業では、出来ないことです。
予定調和や合意形成がない、小さな企業やスタートアップだからこそできる

武器

と考えます。当社では、リーン・スタートアップ方式で、
サイトのPDCAを行い、売上アップを実現しております。

是非、中小企業の皆様にも会社に取り入れてほしい手法です。


リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす
エリック・リース 日経BP社


ようやく私も買いました。焦。



【参考】

http://d.hatena.ne.jp/a_kimura/20120521/1337619460

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20120413/230926/?rt=nocnt http://matome.naver.jp/odai/2131171854325173701


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)