Home / WEB制作 / 企業ができる社会貢献とは?「LIGHT UP NIPPON花火ボランティアツアー2012」販売!

企業ができる社会貢献とは?「LIGHT UP NIPPON花火ボランティアツアー2012」販売!


追悼と復興の祈りを込めた花火大会のボランティアツアー 「LIGHT UP NIPPON花火ボランティアツアー2012」販売開始!

LIGHT UP NIPPON運営ボランティアツアー


企業ができる社会貢献のかたちの1つ?
パッケージ化による集客と還元。


東日本大震災に対しての「追悼」と「復興」の想いを込め、
東北の太平洋沿岸全3県14ヵ所で一斉に花火大会を開催するプロジェクト
「LIGHT UP NIPPON」に対して、近畿日本ツーリスト株式会社が賛同し、
花火大会運営のお手伝いをするボランティアを募る
「LIGHT UP NIPPON 花火ボランティアツアー2012」の販売を開始した。

本ブログでも、「LIGHT UP NIPPON」については、
何度か記事で取り上げているが、
いくつかの企業がこのような具体的な支援を打ち出している。

↓↓過去ブログ記事↓↓
東日本大震災に対する追悼の想いを忘れない!花火大会WEBサイトとコラボビール
ドキュメンタリー映画 LIGHT UP NIPPON 公開! 人の想いが人を動かすということ


2,000円の寄付金が含まれるボランティアツアー


このツアーでは、東京駅近郊発着の
「LIGHT UP NIPPON 花火ボランティア参加コース
 (0泊3日世界遺産 平泉観光付き、0泊3日 松島観光付き、または0泊2日)」の
合計14コースが設定されている。

現地でのボランティア活動は、花火打ち上げ場所周辺の交通整理および自主警備や
運営本部周辺の事務作業などを行うことになる。

更に、旅行代金には、「LIGHT UP NIPPON 運営基金」として
2,000円(各開催地で打ち上げられる花火費用の一部資金)が含まれており、
近畿日本ツーリストの名義で復興支援金として、
「LIGHT UP NIPPON 運営事務局」に寄付されることとなる。

通常のボランティアに加えて、大会運営の寄付金が、
ツアー料金に含まれていることが、このツアーの特徴である。
また、ボランティアだけでなく、観光もできるプランであるからこそ、
東北の魅力を来訪者に伝えることができると考える。


最後に


今回注目したい、近畿日本ツーリストが持つ強みは、
過去に積み重ねたツアー企画のノウハウ、
ツアーを運営・実施できる人材リソース、
そして、集客を実現する広告とそれを実施する資金力である。

これらにより、より効果的に、
興味や関心がある人に、ボランティア参加と寄付ができることを伝え、
実際に、東北へ足を運んで貰うというところまで、
きちんと誘導することができると考える。

社会貢献や協賛の方法は、色々と存在するが、
その企業の強みを活かして、より効果的な方法を選ぶということは、
仮にそれ自体がビジネスになったとしても、問題は無いと考える。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)