Home / WEB制作 / MUJI to GOの世界同時キャンペーン? 無印良品が定期的にキャンペーンを行う理由

MUJI to GOの世界同時キャンペーン? 無印良品が定期的にキャンペーンを行う理由


MUJI to GO無印良品キャンペーン

MUJI to GO


ワールドツアー ソーシャル スゴロクゲーム?
リピーターを増やすためのキャンペーンの秘訣。


締切間近の現在展開中のキャンペーンについて、

無印良品の家の無料で住む人募集キャンペーンがスゴい理由?」で

「売れるプロモーションページの作り方」を交えて、ご紹介したばかりだが、
間髪を入れず、無印良品は、次のプロモーションを打ち出している。

それが、「MUJI to GO 世界同時キャンペーン」である。

無印良品を企画、開発する株式会社良品計画が、次に打ち出したのは、
「移動」をテーマに無印良品を編集した商品群「MUJI to GO」の
世界同時キャンペーン(7月6日~8月9日)となる。


日本発の無印良品が行う、初の世界同時キャンペーンとは?


無印良品、初の世界同時キャンペーンのテーマは「FROM JAPAN TO THE WORLD」。
日本で生まれ、現在世界中に展開する無印良品。
今回は、世界のスタッフたちと選んだ、旅を便利にする50アイテムを中心に展開する。

日本人として、このプロモーションのテーマに感銘を受けた。

無印良品は、数ある商品の中から、「コンパクト」「機能的」「快適」といった
特徴を強く持つ商品群を「MUJI to GO」というテーマで2008年より展開している。

今回は、全世界の無印良品やグローバルウェブサイトを通じて、
全世界で同時にキャンペーンを展開し、
口コミやSNSの活用により、無印良品の価値を世界に発信していく。

MUJI to GO ティザーサイト
既に、ティザーサイトが公開となっており、
今回行われるキャンペーンのイメージのみが表示されている。


ソーシャル スゴロクゲームと提供される特典


今回のプロモーションでは、WEBキャンペーンサイトで展開する
「ソーシャル スゴロクゲーム」で50アイテムと展開各国を紹介する。

MUJI to GO ソーシャル スゴロクゲーム
公開後は、旅行にオススメのMUJI to GOアイテムについて情報を得たり、
世界中の無印良品の店舗情報に触れたりしながら、
世界各国を巡る、ソーシャル スゴロクゲームが楽しめるようになる。

Facebook・Twitter・mixi・Sina Weiboアカウントで接続することによって、
このゲームに参加することが可能になる。
これにより、キャンペーンの情報拡散を狙うと考えられる。

参加ユーザーが、サイコロを転がし、当たりコマに止まると、
全世界先着50万名に、オリジナルステッカーがプレゼントされる。

更に、大当たり商品として、日本へのスペシャルツアーや
MUJI to GOアイテムを詰め合わせにしたスペシャルトランクセットも
参加者のために用意される予定だ。


ソーシャルゲームを使った来店促進の仕組み


今回、全世界先着50万名で当たる、オリジナルステッカーだが、
正確に言うと、ステッカー無料の「クーポン」が当たるもので、
参加ユーザーは、そのクーポンによって、
世界各国の無印良品、MUJI to GOにて、ステッカーと引き換えることができる。

これにより、ターゲットの来店促進を狙っていると考えられる。

ちなみに、このステッカー引き換えクーポンは、
「MUJI」というブランドがあるからこそ、実現可能な手法である。
言ってしまえば、単なるステッカーに過ぎないのだが、
MUJIのブランド力によって、そこにプレミア感が生まれる。

このソーシャルゲームを使った来店促進の仕組みを
特に、ナショナルクライアント以外の企業が使用する際は、
もっとターゲットが本当に欲しくなるノベルティを用意するか、
割引券や優待券を用意する方が、成果に繋がるであろう。


最後に


キャンペーンは、定期的に行うことで、
更にそれぞれのキャンペーンの費用対効果がアップする。

原則的に、売上アップのサイクルとして、
宣伝→新規客の獲得→フォロー→新規客のリピーター化→囲い込み→顧客のファン化
という流れの中で、リピーターとファンをいかに増やすかということが重要になる。

それには、いくつかの理由が存在するが、今回は1つだけご説明したい。

費用対効果の観点から考えると、新規顧客を獲得するための宣伝の部分が、
最もコンバージョン率を上げるのが難しく、費用もリソースも必要になるため、
上記のフローの中で、最も費用対効果が低い。

逆に、一度購入されたり、サービスを利用されたお客様に
もう一度、購入して頂くために、最も重要になるのは、
お客様満足度を向上させるための対応、商品やサービスの質の向上、
そして、次の展開をお伝えするフォローとなる。

これらのアクションは、新規顧客を獲得するアクションに比べ、費用対効果は高い。
必要になるのは、お客様のために企業が行う、サービス向上の努力である。

故に、キャンペーンで一度接点を頂いたお客様と、
接点を作り続け、リピーター・ファンになって頂くためにも、
キャンペーンを継続的かつ定期的に行うことが重要になる。

企業の販促担当・マーケティング担当・プロモーション担当の方には、
是非、参考にして頂きたい。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)