Home / WEB制作 / プレスリリースで期待させる? Facebookページ開設を成功させる秘訣

プレスリリースで期待させる? Facebookページ開設を成功させる秘訣


UCC上島珈琲Facebookページ開設

上島珈琲店Facebookページ -ueshima coffee ten-


公開前のリリース文で惹き付けろ!
Facebookページで既存ファンの囲い込み。


本日、2012年6月18日(月)に上島珈琲が、
10年目突入を記念して、Facebookページを開設した。

実は、先週の金曜日(2012年06月15日)に、
UCCグループで外食事業を担当するUCCフードサービスシステムズ株式会社が
プレスリリースを配信していた。

今回は、このFacebookページについて、ご紹介したい。


企業の記念日にFacebookページを開設する方法


上島珈琲店は、2003年6月18日の第1号店開業より、
来年で10周年を迎える。その記念すべき10周年に向けて、
2012年6月18日(月)から上島珈琲店全店にて、
「上島珈琲店10周年感謝企画」を開始する。

今回のFacebookページ開設は、
この企画プロモーションの一環として行われた。

他の企画キャンペーン、その中でも特に、
企業の「○○周年記念」と関係付けて、Facebookページを開設することは、
既存のファンを巻き込み、Facebook上で囲い込みするという観点で、
非常の有効な手段の1つであると考える。

実際の数字として、本日1日(6月18日の15時公開から現在22:30時点)で、
200人程度の「いいね!」獲得を実現しており、まだまだ増えるであろう。


プレスリリースと店舗で事前に告知を行う方法


前述の通り、先週の金曜日(2012年06月15日)に、
このFacebookページの公開は、告知されていた。

WEBの場合、ティザーサイトを公開するという方法がよく行われるが、
WEBに限らず、様々なメディアでプロモーションを行う際、
事前にプレスリリースを配信する方法が挙げられる。

今回、上島珈琲もプレスリリースを活用していた。
加えて、上島珈琲のように実店舗を運営している企業であれば、
インストア・プロモーションを行うことで、既存のファンに対して、
Facebookページを含めたSNS上で囲い込みを行うことも可能だろう。


最後に


個人的には、店内の雰囲気が好きであることと、
ノートPCの電源を使わせてくれることから、
上島珈琲には、かなりの頻度で行っている。

今回、ファンとして少し残念だったのは、
Facebookページ内の「タブ」のデザインだ。

わざわざ、プレスリリースで事前に告知していたのだから、
もう少し、カバー写真やタブ画像のデザインには、
ブランドイメージを向上させるものを期待していた。

今後の上島珈琲の同行に、期待を込めて注目していきたい。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)