Home / WEB制作 / ダイエットから考える「販売促進」を成功させるための5つのステップ

ダイエットから考える「販売促進」を成功させるための5つのステップ


ダイエットから学ぶ、KPI設定による販促実現法

KPIを考えると、ダイエットの成功にも繋がる?
ビジネスでも日常生活でも、目標を達成したい方へ。


私は、今回ご紹介するスライド資料を元に、論理的に考え、
その成果として、4月から6月までの3ヶ月で、6kgの減量に成功した。

現時点でも、少し太り過ぎのため、大した数字ではないのだが、
健康に害を及ぼさない範囲での減量ということで、きちんと結果を残した。
私は、痩せるための努力も勿論したのだが、その前に、
もっと大切な、痩せるための「方法・仕組み」を考えた。

マーケティング・ビジネスにおいて、成果に繋がらなければ、
プロモーションの価値は皆無に等しいと判断されるだろう。

今回のブログでは、ダイエットからWEBマーケティングまで応用できる
「販促を実現するための5つのステップ」をスライド資料でご紹介したい。




目標を達成し、販促を実現するための5つのステップとポイント


販促を実現するための「5つのステップ」


 1 ゴールを明確に数値で決める
 2 達成するために何が重要かリスト化する
 3 重要な指標の達成目標を数値で決める
 4 行動する
 5 結果を分析して改善する

販促を実現するためのポイント


まず、ゴールから逆算して、適切なKPIを設定する必要がある。

KPIの数値を改善しても、成果に繋がらないなら、
その指標は、目標を達成するためのKPIとして不適切である可能性が高い。
適切なKPI設定がされていれば、KPIの数値を改善することで、
必然的に、成果に繋がるはずである。

また、ゴールとKPIの目標は、「具体的な数字」で設定をする必要がある。

これが、曖昧になっていると、結局、成功したのか失敗したのかさえ分からず、
PDCAを実施し、改善していくのが不可能で、目標を達成するのは非常に難しい。


最後に


まず、何を行うにしても、ゴールとKPIの目標値を
数字で明確に決めて欲しい。
その上で、確実に行動を起こして欲しい。

当然のように思えるが、目標を達成できないパターンとして、

 ・目標が明確に決まっていない
 ・目標達成のためのタスクを細分化・評価できていない
 ・実際に行動できていない

という3つのパターンが挙げられる。

最低限、この3つのパターンから脱却しない限り、
成功への道は、相当険しい。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方の
参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)