Home / WEB制作 / 思わず行きたくなる、観光Webサイトとは? 「観光WEBサイト徹底比較」

思わず行きたくなる、観光Webサイトとは? 「観光WEBサイト徹底比較」


思わず行きたくなる観光WEBサイト徹底比較

WEBサイトでは、京都が強い!
最強の観光・地域PR系WEBサイトを作る方法。


ゴールデンウイークでお休みを取られている方も多いと思う。
みなさんは、今回のGWに旅行へ行かれるだろうか?

さて、旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人である
トリップアドバイザーの調査によると、
外国人観光客お気に入りの観光スポット世界総合ランキングでは、

 第1位:広島県 宮島(厳島神社)
 第2位:広島県 広島平和記念資料館(原爆ドーム)
 第3位:長野県 松本城

という順位になっていた。

そこで、ゴールデンウイークということもあり、今回のブログでは、
根強い人気を持つ京都と、ランキング1位・2位の広島の
「観光WEBサイト徹底比較」をお送りしたい。


今回比較する観光WEBサイト


京都と広島の観光WEBサイト徹底比較
今回は、京都と広島を比較する上で、
2つのWEBサイトを比較した。

 ◇京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi
  (運営:京都市産業観光局観光MICE推進室)

 ◇広島県観光ホームページ
  (運営:社団法人広島県観光連盟)

それでは、実際の比較を行っていきたい。


最強観光WEBサイトを作る7つのポイント


上記の2つのWEBサイトを比較し、
「最強観光WEBサイトを作る7つのポイント」をご紹介する。

1 メインビジュアル、2 画面構成、3 ユーザビリティ、4 検索方法、5 他言語対応、6 独自性、7 ソーシャルメディア連動
それでは、この7つのポイントについて詳しくご説明をしたい。


1 メインビジュアル


京都観光PRメインビジュアル
【京都】
 京都のメインビジュアルでは、jQuaryを使って、
 複数のキラーコンテンツへの導線としての画像バナーを
 インタラクティブに動きを付けながら見せている。

 FLASHを使っていないため、多種多様なディバイスで見ても、
 きちんとユーザーは、様々な情報へ辿り着くことができる。
 写真の画質も非常に高く、十分にユーザーへ訴求できている。


広島観光PRメインビジュアル
【広島】
 広島のメインビジュアルは、グローバルナビゲーションの上、
 WEBサイトのタイトルと合体した状態で、表示されている。

 メインコンテンツに、いくつかキラーコンツへの導線となる
 画像バナーが設置されているが、全て見るには、
 ユーザーが自分自身で、画面をスクロールする必要がある。
 画質は、JPEG圧縮の掛かり過ぎで、魅力が十分に伝わらない可能性がある。

メインビジュアルにおいては、京都の方が、
ユーザーに観光地としての魅力を伝えられる可能性が高いと言える。


2 画面構成


京都観光WEBサイト画面構成
【京都】
 京都の画面構成は、非常に優れている。
 グローバルナビゲーションに主要なメニューを配置し、
 その下に、メインビジュアルと「アクセスランキング」が表示され、
 更にその下に、3カラム構成で「交通アクセス、イベント情報、おすすめ」が
 表示され、ユーザーが迷わずに目的の情報を探せるようになっている。

 「ランキング」や「おすすめ」はコンバージョン率アップに効果的であるし、
 「交通アクセス」の詳細情報は、ユーザーにとって非常に重要な情報である。


広島観光WEBサイト画面構成
【広島】
 広島の画面構成は、ユーザーのスクロールが前提となっていて、
 様々な情報が、コンパクトに収まっておらず、
 若干、コンバージョン率が低下する可能性がある。

 運用上の問題で、避けられないのかもしれないが、広告枠が気になる。
 もし、広告枠を上部に表示させる必要があるならば、京都のように、
 3カラム構成し、コンテンツバナーやメニューを上部に表示させた方が良い。

これに関しては、運営者やメディア自体の性質も関係するので、
一概には言えないが、京都の方が、より効果的な画面設計になっていると考える。


3 ユーザビリティ


京都WEBサイトユーザービリティ:ナビゲーション
京都WEBサイトユーザービリティ:印刷する
【京都】
 京都の場合、「検索する」がページ上部に他と分かれた形で表示され、
 ユーザーが何の迷いもなく、検索できるようになっている。
 また、グローバルナビゲーションも非常にシンプルでユーザーに優しい。

 更に、上述のメインビジュアルに加えて、その他のコンテンツバナーも
 jQuaryを使用して、非常にコンパクトに配置しながら、きちんと訴求している。
 加えて、イベント情報を「印刷する」ボタンが表示されていて、
 これも実際に旅行するターゲットにとって、便利な機能である。


広島WEBサイトユーザービリティ
【広島】
 広島の場合、「検索する」が他の要素の中で若干埋もれている印象を受ける。
 また、グローバルナビゲーションも詳しく書かれているのは良いが、
 ボタンの配色もあり、少し情報量が重い印象を受ける。

 京都には無く、広島にある「文字サイズの変更」機能は、
 ご年齢が高いターゲッットにとって有効的である。
 別枠で存在する「検索機能」は、様々な方法でユーザーが検索でき、
 目的が明確なユーザーにとっては、非常に良いと考える。

ユーザービリティに関しては、あえてどちらが良いかというところまで
言及はできないが、個人的にはトータル的に京都の方が好みである。
ユーザーにいかにスクロースさせないかも、1つのポイントである。


4 検索方法


京都WEBサイトユーザービリティ:検索方法
【京都】
 上記でも言及したが、京都の方が、非常にシンプルにできている。
 目的が明確に、具体的に決まっていないユーザーを巻き込む上では、
 シンプルな検索方法の方が、コンバージョンに繋がり易いと考える。

広島観光WEBサイト検索方法 【広島】
 広島の方が、様々なかたちで検索でき、
 目的が具体的に決まっているユーザーにとっては便利である。
 ただ、細かく分け過ぎると、より多くの情報にユーザーが辿り着かず、
 結果的に、コンバージョン率が落ちる可能性もあり、検証が必要である。

これに関しても、あえてどちらが良いかというところまで
言及はできないが、運用を行う中で、ターゲットにとって、
何が最も効果的かを検証しながら、改善する必要がある。

5 他言語対応


京都観光WEBサイト他言語対応
【京都】
 京都の方は、日本語と外国語が8カ国語で合計9カ国語となっている。
 他言語対応としては、かなり多い方である。


広島観光WEBサイト他言語対応
【広島】
 京都の方は、日本語と外国語が6カ国語で合計7カ国語となっている。
 これも、他言語対応としては、多い方である。

他言語対応の数だけで言えば、京都の方が多い。
ただし、重要なのは、その観光エリアに誰が来ているかということだ。
きちんと調査を行った上で、その観光エリアに来ている人の
母国言語に対応することで、費用対効果をアップできる。


6 独自性


京都観光WEBサイトの和のテイスト
【京都】
 全体的色調として、「和」や「伝統」を意識したものになっている。
 その上で、親しみ易いシンルプな構成になっており、
 見ていて、古い印象は与えない非常に良いWEBサイトである。

【広島】
 大きなポイントとして、広島独自のイメージはあまり感じられない。
 一部の装飾やメイン画像で訴求しようとしているが、
 もう少しブランディングの観点からも改善の余地があると考える。

個人的には、京都の方が独自性が出ていると考える。
数ある旅行先候補の中から、その観光地へ来てもらうためには、
その土地の魅力を訴求することやブランディングも
コンバージョン率をアップさせる上で、重要なポイントになる。


7 ソーシャルメディア連動


京都WEBサイトのソーシャルメディア活用
【京都】
 京都のWEBサイトでは、
 Facebook、Twitter、Google+、mixiとの連携が
 画面の一番上で、ボタンの設置によって行われている。

【広島】
 広島のWEBサイトでは、特にソーシャルメディアとの連動は無い。

これからの市場規模を考えれば、海外にも目を向ける必要がある。
その際、ソーシャルメディアは非常に強力な集客ツールとなり得る。
できる範囲でも、その観光地のターゲットに適した
ソーシャルメディアを選択し、連動させることが必要になってくる。


まとめ


念のため補足すると、今回、2つのWEBサイトを比較・分析したが、
どちらの観光地が優れているかを分析したわけではない。
あくまで、観光PRのWEBサイトとして、
どちらがより強力なツールになるかを考えさせて頂いた。

7つのポイントということで、お話をさせて貰ったが、
この7つを突き詰めていくと、1つの答えに辿り着く。

いかに、自分のターゲットを調査・分析し、
いかに、そのターゲットの要望や欲求を考察し、
いかに、それをWEBサイトに反映させ、
その後、成果を分析しながらWEBサイトを改善できるかどうかである。

口で言うのは簡単だが、多くの人がそれができず、
成果に辿り着けていないのである。
しかし、逆を言えば、このサイクルを繰り返すことで、
WEBサイトは、確実に成果を上げていくものである。

また、WEBサイトのみならず、全ての販促物に対して、それは言える。

今回のブログ記事が、
観光PRや地域PRの広告・マーケティング・広報担当の方々、
観光協会や観光連盟の方々のお役に少しでも立てれれば幸いだ。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)