Home / WEB制作 / チオビタの大鵬薬品が夏の悩み解決法を提案? 集客と販促を実現する3つのWEBコンテンツ

チオビタの大鵬薬品が夏の悩み解決法を提案? 集客と販促を実現する3つのWEBコンテンツ


チオビタの大鵬薬品が夏の悩みを解決してくれる?

夏の悩みをビタミンで解決!|大鵬薬品工業株式会社


コンバージョン率の高い見込み客は誰なのか?
悩みや課題を持っているターゲットを狙う手法。


以前、「なぜここまで、ステマが騒がれるのか?」について、
過去のブログ「売上がUPするWEBサイトに必要なものとは?」でお話をした。

その中で、「本気のお客様が見るコンテンツ」として、
「お客様の声・よくある質問・過去の実績」という3つの例を挙げた。
プレスリリースをチェックしていた所、大鵬薬品のチオビタのプロモーションサイトで、
それを非常に優れた表現にて実践してたので、参考事例としてご紹介したい。


集客と販促を実現するWEBサイトの3つのコンテンツ


大鵬薬品のチオビタプロモーションから学ぶ、成功する3つのコンテンツ
今回の事例を通してご説明したい「集客と販促を実現するWEBサイトのコンテンツ」は、
「お悩み解決・再訪促進・関心喚起」を実現する3つのコンテンツである。

1 専門家によるお悩み解決コンテンツで、WEB集客と販促を実現する


この事例において、キラーコンテンツとなっているのが、
「ビタミンコラム」と「管理栄養士のビタミンアドバイス」である。

今回は特に、「管理栄養士のビタミンアドバイス」についてご紹介したい。

このコンテンツは、「管理栄養士」という専門家が、
電力不足・食中毒に負けないための食材保管方法や調理方法を紹介し、
ビタミンの上手な取り方を教えてくれるものである。

このコンテンツの優れている点は、ユーザーの悩みを解決すると同時に、
閲覧ユーザーの中に存在する、夏の疲れを感じているターゲットを
プロモーション対象商品の「チオビタ」へ誘導する力を持っていることである。

結果的に、このコンテンツは「WEB集客と販促」に繋がる可能性が非常に高い。

2 更新頻度の高いコンテンツで、再訪促進を実現する


このプロモーションサイトのファーストビューに配置されている
コンテンツの1つが、「今日の野菜&果物」である。

ユーザーにとって有益な情報を毎日更新することで、
WEBサイトへの再訪を促進することが可能になる。

個人的な意見として、欲を言えば、
毎日紹介する食材を使った「レシピ」が掲載されていると、
更に効果は高まると考える。

定期的に配信される情報が、
ターゲットにとって、価値が高ければ高い程、
リピーターやファンの創造に寄与できる。

3 ターゲットが自分に対する情報であると認識できる仕組み、関心喚起


このプロモーションサイトのファーストビューに配置されている
もう1つのコンテンツが、「ビタミン食材MAP」である。

このコンテンツは、「今日の野菜&果物」のアーカイブ的な役目も果たすもので、
ビタミンが豊富な食材を、主産地とあわせて日本地図で紹介している。

日本地図を活用し、日本全国に存在するターゲットに対して、
「この情報は、自分に対して発信されている情報だ。」と認識して貰うことで、
WEBサイトの離脱率を軽減すると同時に、販促効果アップに繋がる。


最後に


今回ご紹介した事例には、
様々な「成功するWEBサイト」の要素が盛り込まれていると考える。

更に付け加えるなら、ページの最下部にきちんと、
「チオビタ」の写真が入ってるバナー画像が配置されており、
商品ページへの導線設計が行われている。

ユーザーの利益を重要視しながら、
コンバージョン率についても考慮されているという観点から、
非常に優れたプロモーションサイトであると考える。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方には、
是非、参考にして頂きたい事例である。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)