Home / WEB制作 / 死ぬまでには行ってみたい、世界の名瀑12選? ターゲットが関心を持つテーマでWEB集客

死ぬまでには行ってみたい、世界の名瀑12選? ターゲットが関心を持つテーマでWEB集客


【トリップアドバイザー】「死ぬまでに行ってみたい、世界の名瀑12選」

死ぬまでに行ってみたい世界の名瀑 12|トリップアドバイザー


誰しも、死ぬまで行ってみたい場所がある?
有益な情報配信で実現するWEBマーケティング手法


トリップアドバイザーは、死ぬまでに一度は訪れてみたい世界の絶景スポットを
テーマごとにまとめた「トリップアドバイザー・バケットリスト」を定期的に紹介し、
第2回となる今回は、「死ぬまでに行ってみたい、世界の名瀑12選」を公開した。

ナイアガラ、イグアス、ビクトリアという世界三大名瀑を含め、
有名なエンジェルフォール、セリャランスフォスの滝、ガラスマオの滝など、
世界の美しい滝をトリップアドバイザーが厳選し、
旅行者から投稿された豊富な写真とともに紹介している。


企業が保有する資産をWEBマーケティングに活用して集客を実現


今回の「死ぬまでに行ってみたい、世界の名瀑12選」を含め、
トリップアドバイザーが配信する情報には、1つの特徴がある。

それは、トリップアドバイザーがこれまでに蓄積した
ユーザーからの評価や意識調査、更には、ユーザーが投稿した写真という「資産」を
有益に活用し、更なるWEB集客を実現している点である。

↓↓参考:過去ブログ記事↓↓
海外旅行に行く前にチェックしておきたい? 海外トイレ事情インフォグラフィックス

このように、ユーザー参加型のキャンペーンやアンケートで、
企業自身の資産を収集・蓄積し、それを公開することで、
ユーザーに有益な情報を提供すると共に、自社WEBサイトへの更なる集客を実現できる。


最後に


このように、自社の資産を活用する場合、1点注意する必要がある。

それは、配信する内容が、本当にユーザーにとって有益なものかどうかだ。
企業からの一方的な情報配信になることは避ける必要がある。

WEB集客を考える上で、情報の質と有益性は非常に重要である。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)