Home / WEB制作 / WEBで成果を求められた時に役立つ「コンバージョン率を上げる5つのステップ」

WEBで成果を求められた時に役立つ「コンバージョン率を上げる5つのステップ」


WEBで成果を求められた時に役立つ画面設計の秘密

WEBで成果を出すために必要なのは、
コンバージョン率を上げる5つのステップ!


企業の販促・広告担当者、そして、
WEBディレクター・デザイナーは、常に成果を求められる。

「コンバージョン率を上げろ!」
「直帰率・離脱率を下げろ!」
「もっと成果に繋がるWEBサイトを構築しろ!」

確かに、言うのは簡単だ。
でも、みんな、それが実現できなくて悩んでいる。

そこで、今回のブログは、そのような状況で参考にして欲しい
「コンバージョン率を上げる5つのステップ」についてのお話。


あらゆる見込み客をコンバージョン率の高いコンテンツへ誘導する


結論から言うと、成果を出すためには、
「コンバージョン率を上げる」ことが必要になる。

ここで言う「コンバージョン」だが、
WEBサイトに来てくれたユーザー(=見込み客)に

お問い合わせをしてもらうこと・お申し込みをしてもらうこと・店舗へ来てもらうこと・商品をWEB上で購入してもらうこと・友人や知人や他のユーザーに情報を広めてもらうこと→SNS上の共有
などが、それに該当すると考えて欲しい。
WEBサイトの目的に応じて、あらゆる見込み客をコンバージョンさせることが、
成果を出すことに繋がる。


コンバージョン率を上げる5つのステップ


具体的に、「コンバージョン率を上げる」ためには、
5つのステップが必要になる。

1 直帰率・離脱率を下げる画面を設計する、2 コンバージョンに繋がるコンテンツを作る、3 コンバージョンに繋がるコンテンツへ誘導する、4 コンバージョンさせるページを作る、5 コンバージョンさせるページを最適化し続ける
今回は、この1番と2番について、
サッポロビールのWEBサイトを参考にしながら、詳しくご説明したい。



サッポロビールWEBサイトレイアウト構造・画面設計

直帰率・離脱率を下げる画面設計


上図のように、サッポロビールのWEBサイトは、
「直帰率・離脱率を下げる画面設計」の良い参考になる。

まず、最も目立つ場所、ユーザーの視線が集中する場所に、
インパクトのあるコンテンツの「メイン画像」が配置され、商品訴求を行っている。
さらに、商品詳細説明の下部とページの最下部に、
SNSの共有を促すボタンが設置され、情報の拡散を狙う設計になっている。

次に、ユーザーの目線が動く先の画面右上には、
ユーザーの長い滞在時間が期待できる、「動画コンテンツ」への導線を配置している。

また、その下には、ユーザーが慣れ親しんだ、ナビゲーションとして一般的な形式で、
「商品一覧」が設置され、他の商品への誘導を促進している。
加えてその下には、PCで見たユーザーが、
後からも見られるように、モバイルへの導線としてQRコードが設置されている。

そして、ページのメインコンテンツの下には、サブコンテンツ群として、
「キャンペーン」や「おすすめ」というキラーコンテンツと、
「よくある質問」や「レシピ」というコンバージョンに繋がるコンテンツが並んでいる。

最後に、新着情報やトピックスもページ内にコンパクトにまとまっており、
そこから、新たな情報・新たなページへの導線をしっかりと確保している。


コンバージョンに繋がるコンテンツ


このように、様々なコンテンツへの導線が、
サッポーロビールの画面内に配置されているが、
この中でも、赤色の部分に注目したい。

動画コンテンツ

 株式会社ビデオリサーチインタラクティブ社の調査データによると、
 PC動画配信サイトの月間推定訪問者数は、
 2011年8月度には、なんと3000万人に到達し、
 2011年9月の推定訪問者数は2922万人で、前年同期比で115%に拡大している。

 このことから、多くの飲料食品メーカーで
 動画コンテンツを導入している理由が分かる。
 動画コンテンツを導入することによって、ユーザーのサイト内滞在時間が長くなる。
 実際の店舗でもそうだが、お客様の滞在時間が長くなればなるほど、
 購買率や商品の認知度が高くなる傾向があり、その観点から、
 「動画コンテンツ」は、コンバージョンに繋がる可能性が高いと言える。

よくある質問

 私は、様々な業種・規模の企業WEBサイトについて分析を行わせて頂くが、
 この「よくある質問(FAQ)」は、多くのユーザーに見られる場所で
 非常に重要なコンテンツであると言える。

 みなさんも自分自身で想像をして頂きたい。FAQを見る時はどんな時か?
 ユーザーが、そのページを見る時は、商品に既に興味があり、もっと知りたい時、
 あるいは、特定の悩みや問題を抱えていて、それを解決したいと思っている時だ。

 それ故、「よくある質問(FAQ)」を充実させることは、
 コンバージョン率アップに直結すると言っても過言では無い。
 実際、あるWEBサイトで、ケーススタディ的な非常に詳しい「よくある質問」を
 100個掲載したところ、3ヶ月でお問い合わせが、10倍に伸びた結果もある。

レシピ

 飲料食品のWEBサイトにおいて、「レシピ」は非常にパワフルな販促ツールとなる。
 これは、過去のWEBサイトや販促印刷物において、十分証明されている。

 この要因をあえて説明するなら、ユーザーが行うシミュレーションが挙げられる。
 レシピの美味しそうな写真を見て、ビールを飲みながら、
 パスタを食べている自分を想像して、よだれが出てしまう。
 この心理の行き着く先が、ビールの購入ということになる。

 注意点としては、購入するターゲットに合わせたレシピを掲載することだ。
 その方が、より効果的に、ターゲットの食欲を刺激することができる。
 また言うまでもなく、写真のシズル感は、その効果に大きな影響を与える。

SNS共有ボタン

 今さらではあるが、WEBサイトでプロモーション・広告宣伝活動を行う場合、
 Twitterのツイートボタン、Facebookのシェアボタン、
 mixiのミクシィチェック、Googleのグーグルプラスボタンなどは、
 そのページの効果を最大化させる上で、必須と言って良い。

 多大な費用を掛けて行うマスメディア活用のプロモーションとは異なり、
 極端な話、ソーシャルメディア内の情報拡散にかかる広告費はゼロである。
 必要なのは、ユーザーが共有したいと思う価値のある情報だけだ。


まとめ


WEBで成果を出すことに悩んでいる人は多い。

だが実は、それを達成することは、そんなに難しいことはではない。
確かに、やらなければいけないことは非常に多いが、一つひとつは非常に単純だ。

まずは、問題点を一覧にしよう。
次に、その解決策を一覧にしよう。
そして、解決策を実行しよう。
その後、結果を分析して、さらに改善しよう。

0.1%ずつの改善でも、それが積み重なると大きな成果になる。
私も過去に、毎日地道にFAQとブログを1個ずつ更新し、
その結果、公開3ヶ月後には上場企業からお問い合わせがきたという経験がある。
一つひとつ、改善と努力を積み重ねれば、それは必ず成功への道となる。

今回のブログ記事が、
企業のWEB担当者様、マーケティング担当者様、販促担当者様、
WEBディレクター・デザイナーの方々のお役に少しでも立てれれば幸いだ。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)