Home / WEB制作 / Web制作会社が、生き残る3つの方法

Web制作会社が、生き残る3つの方法


Internet OpenInternet Open / balleyne

売上をアップさせるWeb制作の専門家の高橋です。

Web制作は、ホームページ制作を主軸で、上場する会社もあり
ITバブルと共に栄えました。
その後、FLASHなどのアニメーション技術や、SEO対策等
ニーズも多様化し、価格は、高騰しました。

しかし、昨今では、ワードプレスなどの、
簡易CMSツールが発展し、Web制作への制作費や需要も低下しています。

それでは、今後、Web制作会社は、どのようにして生き残ればいいか
妄想してみたいと思います。

方法は、3つ。

昔から、提唱されている事でもありますが、
方法は、大きく分けて以下の3つになると思います。

クライアント企業の、Web制作部門になる。


多くの企業は、別のサービス提供に特化しているため、
当然、Web制作部門だけを成長させる事ができません。

しかし、Web制作会社は、「Web制作だけに絞って」
自社のサービスの強みを伸ばすことができます。

Web製作は、御社に丸投げします。

くらい言われるようになる程、信頼関係を構築する事が大切です。

また、信頼関係は、技術だけではなく、人間関係も大切です。

仕事の8割は、コミュニケーションです。

人間関係を構築した関係であれば、
「安いから切る」という事も無くなるでしょう。

共存共栄の関係になるほど、自社の強みを構築しましょう。

自社の強みを構築する。


Core values / HowardLake
続いて、上記ででた、自社の強みの構築についてです。

御社の強みはなんですか?

と聞かれた際に、きちんと応えられる事が大切です。

間違っても、「なんでもお任せ下さい!」は、辞めましょう

逆に、「◯◯という案件は、得意ですが、××という案件は、お断りします」
くらい言えるようになると良いと思います。

当社の場合は、
「売上をアップさせるWeb制作が得意ですが、
”全部おまかせで”という案件はお断りします。」

という形にしております。ジャンルについては、特に問いません。

大切なことは、お客様とのコミュニケーション

これに重点をおいております。

賞を獲るは、過去の話?


補足までに書くと、昔は、賞を取るなども強みになりましたが、
今では、コンペや◯◯賞が乱立していて、あまり効果が薄れているような気がします。

短期的に賞を狙うのではなく、1つの評価基軸として、賞を設定すると良いです。

自社のWebサービスを、育てる。


Web製作会社は、デザインができますし、ある程度、システム会社との提携もあるため
Webサービスが作りやすい環境にあると思います。

しかし、日々の下請け仕事に忙しくて、
なかなか手が回らないというのが正直なところでしょう。
外注してもサービスの細部に、行き届かないなどもあります。

では、どうすれば良いか?

1つは、小さくスタートして、ビジネスモデルを突き詰める事です。

Web制作会社は、出来る範囲も広いため、どうしても壮大なプロジェクトを作りたがります。

最初から、完璧を目指してはいけません。

100名のユーザーを確保する気持ちで、スタートしてみると良いでしょう。


KPIを設定し、PDCAを廻す。実直にやり続ける。


Figure_PDCA / yyq123
クライアント企業の、Web制作部門になる。
自社の強みを構築する。
自社のWebサービスを、育てる。


以上の、3点を挙げました。

これは、誰もがわかっている事で、なかなかできない事です。
だからこそ、実直にやり続けましょう。

その際に、

「頑張ります!」

だけでは、ダメです。

しっかりと、半年後までにホームページからXX件受注する。
そのための施策は、◯◯等、設定し、期日までできたか?
できなかったか?なぜできなかったか?を繰り返す事が大切です。

私の知る限り、多くの、Web製作会社は、事業計画書を持ちません。

それは、下請け業務が忙しいためです。

時間とお金は、かかりますが、オフサイトミーティングを開催して
全体の方向性を決めるなどは、効果的です。

目的の、港がない、船は、海の上を彷徨い続けてしまいます。


A8.netが技術スタッフを募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)